2年半前の「愛知・資産家殺害放火」で妻と愛人逮捕!犯行7カ月前に結婚してゴッソリ遺産相続

J-CASTテレビウォッチ / 2019年9月19日 13時48分

2016年2月に愛知県稲沢市で起きた殺人放火事件で、愛知県警はきのう18日(2019年9月)、被害者の妻とその交際相手の男を殺人の疑いで逮捕した。2人とも容疑を否認している。

逮捕されたのは介護ヘルパーの菅井優子容疑者(51)と美容院を経営する浅野勉容疑者(65)で、菅井の夫の角田幸司さん(当時60)は、胸を刃物で刺されて殺害され、全焼した自宅焼け跡から遺体で見つかった。

初めから計画していた殺人後妻業

菅井は犯行の7カ月前に結婚相談所で角田さんと知り合い結婚したが、同居はしていなかった。角田さんは資産家で、死後は菅井が土地を相続し、今年6月に一部を売却して約600万円を手にしていた。

角田さんには菅井を受取人にした3000万円の生命保険がかけられていたが、まだ支払いは行われていなかった。角田さんの知人男性は、「全財産が(菅井と前夫との間の)次女にいくようになっていると聞きました」と話す。

JNNは2016年10月に両容疑者を取材していた。菅井は「やめてください」と逃げたが、浅野は「(男女の交際は)ありましたよ。向こうがかなり積極的に」と不倫関係を認め、「今はもう全然(会ってない)。だって女房にもばれたし、それですごいバトルをした」「警察にも全部正直に答えました。うそをつけばうその上乗せになってしまうから」などと能弁に答えていた。

司会の国分太一「複雑な人間関係です」

テリー伊藤(タレント)「菅井容疑者は、結婚する前から浅野容疑者と知り合いだった可能性もあると思います」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング