ホークス地元局、番組ツイッターが油断発言 西武優勝でブーイング再燃

J-CASTニュース / 2019年9月26日 14時22分

写真

「櫻井浩二インサイト」公式サイトから

2019年9月24日にパ・リーグ2連覇を決めた埼玉西武ライオンズ。西武ファンからは歓喜の声が、2位の福岡ソフトバンクホークスのファンからは落胆の声がこだましたが、そんな中、RKB毎日放送(福岡県)のラジオ番組「櫻井浩二インサイト」公式アカウントのツイートが双方のファンから注目を浴びている。

「だって西武の打線が...」

「櫻井浩二インサイト」は、櫻井浩二アナウンサーがパーソナリティーを務める、平日朝の情報番組。ツイッターには櫻井アナ自身も、たびたび投稿している。そのアカウントが9月12日、

「これで2年ぶりの優勝は決まりましたね だって西武の打線が... 続きは明日のオープニングで話します おやすみなさ~い」

とツイート。また、当該ツイートには「#ホークス2年ぶりリーグ優勝」などのハッシュタグが添えられていた。この日には西武がソフトバンクと西武ドームで試合を行い、ソフトバンクが3-2で西武に勝利してM12が点灯していたほか、西武の得点が2点と打線が振るわなかったためか、上記のツイートを行ったとみられる。

ソフトバンクのリーグ優勝を「予言」しつつ、「だって西武の打線が...」と西武の打線をイジったと思われる部分があったツイートだったため、当該ツイートには西武ファンからの非難が殺到。翌日、アカウントは「昨晩、あたかもホークスの優勝が決まったかのような書き込みをしてしまいました」と謝罪しつつ、当該ツイートを削除した。

騒動はいったんは収まったが、24日に西武がリーグ優勝を達成したため「再燃」。「西武ライオンズ、優勝おめでとうございます!!」と、西武を祝福するツイートには、「残念でしたねぇ フラグ立てくれライオンズに火がつきました」「結局西武の打線はなんなの?」とイジる西武ファンからとみられるリプライが殺到した。

このほか、野球とは関係ない最新ツイートにも「イジり」が寄せられているほか、ツイッター上でも発言を取り上げたツイートが拡散中だ。

(J-CASTニュース編集部 坂下朋永)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング