パスタ専門店ジョリーパスタ「中の人」が自腹で食べてる おすすめメニュー5つ

東京バーゲンマニア / 2019年9月27日 11時55分

写真

全国に250店舗(2019年3月末現在)を構えるパスタ専門店「ジョリーパスタ」。手頃な価格や豊富なメニューが人気のレストランです。

パスタだけでも、トマトソースメニュー、クリームソースメニュー、ミートソースメニュー......とメニューはいっぱい。そのため、「毎回同じものを頼んでしまう」「種類が多すぎて選べない...」という人も少なくないはず。

ということで、ジョリーパスタで働く「中の人」に実際に食べているおすすめパスタを聞いてみました。みんな自腹で何を食べているのか、気になりませんか?

名前があがったこの5つ、次行ったときの参考にしてみて。

皆さんの食べる頻度にも注目です!

「3回に1回はコレ」

1:ごろごろ牛肉の本格ボロネーゼ

旨みと噛みごたえが感じられる粗挽きにした牛肉を、トマトや赤ワインの濃厚ソースで煮込んだ一皿です。価格は890円。

「子どものころからスパゲッティと言えば、ミートソースが大好きでしたが、これを食べたときに、大人になったなという感じがしました。甘すぎず、肉のボリュームもあって、これとモッツァトマトとどっちを食べるかでいつも迷うんですよね。従食(従業員食堂)ではいつもこれです!」(23歳・女性)

2:濃厚焼きたらこ

カツオとバターの風味が食欲をそそる、焼きたらこスパゲッティ。価格は830円。

「カツオオイルが特徴で、これが登場したときは丁度魚介系ラーメンが流行していて、なんかラーメンみたいだなと思ったのを覚えています。ちょっとクセになる濃い味なので、思い出すとすぐ食べたくなります。月イチくらいで食べています」(30歳・男性)

3:モッツァトマト

ジョリーパスタの人気No.1メニュー。たっぷり入ったモッツァレラチーズが、ちょっぴりピリ辛のトマトソースとよく合います。価格は830円。

「ジョリーパスタに入ったときから繰り返し食べていますが、食べ飽きることがないですね。ちょっとピリ辛のトマトソースがモッツァレラチーズの甘みとピッタリ。チーズが好きなので、食べても食べてもチーズがなくならないところも気に入っています。他のお店にも似たようなメニューはあるんですけど、すぐチーズがなくなっちゃうじゃないですか。だから、この手のメニュー食べる時はジョリーパスタで。3回に1回はコレですね」

残る2つもめっちゃ美味しそう

4:エビとあさりの明太子クリームスープパスタ

明太子がとけ込んだクリームスープは、とろ~り濃厚。エビやあさりの旨みも加わったスープに、トッピングのバターや刻み海苔をまぜながら食べるのがおすすめです。価格は1090円。

「この秋の改訂で登場した新メニューなんですが、これはおいしいです! クリームスープに明太子で味に深みが出たような感じです。バターも入っていて、バターと海苔を混ぜるとまた風味が違ってきていいです。レシピサイトでも出ていたので、家で見よう見まねで作ってみましたけど、やっぱりお店で食べる方が美味しいですね」(40代・女性)

最後にあがったのはパスタではなく「ピッツァ」。パスタ同様、こちらもファンには人気です。「中の人」が選んだおすすめピッツァとは......?

5:ピッツァ・プレミアムマルゲリータ

花畑牧場のひとくちサイズモッツァレラを散りばめて、焼き上げています。ミルキーな甘みが味に奥行きを出しています。価格は830円。

「ジョリーパスタのピッツァはクリスピータイプなので、気軽に食べられるところが気に入っています。素材のシンプルな味が楽しめるところがいいと思います。値段も手ごろですし。プレミアムマルゲリータでも830円。デリバリーのピザ屋さんだと2000円近くしてしまいますから。月1回は食べていますね」(30代・男性)

いかがでしたか? メニュー選びのご参考に。

記事内の価格はすべて税別。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング