二宮和也が明かした嵐コンサートのすごいところ。それは「絶対にすべらないところ」だ

J-CASTテレビウォッチ / 2019年10月7日 17時39分

「スッキリ」(2019年10月4日朝8時~・日本テレビ系) 嵐・二宮和也が冠番組「ニノさん」2時間SP番宣のためにゲスト出演。MCのフットボールアワー・後藤輝基としゃべくり倒した。

番組内容にからめて「自分がまだ経験したことのない見てみたい世界」について、「後輩のコンサート」をあげた二宮。「後輩のコンサートというのは、僕らはステージに立てませんから。(後輩を)応援しにきた人たちが気遣うじゃないですか。『嵐が踊ってるよ、何で?』ってことになっちゃうから、出れないわけです、我々は。だから(後輩が)立っているステージがちょっと見てみたいですよね」

「普段は自分(を応援してくれる名前入り)の団扇の前で踊ってるわけだから、我々は。それが違う団扇っていうのがカウントダウン(コンサート)しかないから。けっこう新鮮なの、意外と」と続けた。「"(二宮)和也"みたいな団扇を持ってる人がやっぱりいるわけよ。嬉しいなと思うじゃん。手振るじゃん」と身振り手振り付きで説明。

5万人すべてが嵐ファンだから何をしても盛り上がるのだ

「そんなにリアクションしないの。『何でだろうな?』と思うと、大体(KAT-TUN)亀梨(和也)のファンなの。『リアクション悪いな』と思ったら、亀梨が来たらすごい反応しちゃって。『俺じゃなかったか』みたいな」とショックを受けたという。もっとも根がポジティブな二宮は「そういうところが新鮮でね、意外とね、なかなかないから」とハプニングすら楽しんでいたようだ。

後藤が「ステージに立ってる側の光景」を見たいと打ち明けると、「二宮和也が教える嵐コンサートのすごいところ」が明かされた。それは、「絶対にすべらないところ」だという。コンサートに集まった5万人すべてが嵐ファンであることから、どんなことをしてもとにかく盛り上がるのだという。「いや、それはね、すごいことですよ。だって絶対にすべらないんですから。こんなありがたい世界、我々にとってもないのよ」

ここで二宮が突然くるっとターン。ノーリアクションだったことから、「何にも起きないでしょ?」とニヤリ。「これ、5万人だと発狂してますからね。 ヒヤー!ですから、本当にもう」と特別な空間であることを力説した。

司会のお笑い芸人、加藤浩次はすべり知らずの世界に興味津々。「二宮君にやってもらいたいね。本当にどこですべるのか。どのへんで5万人のファンは引くんだろうな」とサバイバルなお笑い世界と180度違うアイドルワールドに思いをはせていた。自分の一挙手一投足を10万個の目が見つめ、反応する。嵐が活動休止にこだわり、解散を否定するのは、この快感から逃れられないからかもしれない。

知央

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング