市井紗耶香氏に「党ポスト」 立憲人事は次期衆院選への布石なのか

J-CASTニュース / 2019年10月18日 17時10分

写真

立憲民主党の会合であいさつする市井紗耶香氏。「『子ども子育て』担当・コーディネーター」を担当する

アイドルグループ「モーニング娘。」元メンバーで、2019年7月の参院選比例区に立憲民主党から出馬して落選した市井紗耶香氏(35)が、本格的に政治活動を再開することになりそうだ。

立憲は19年10月17日の常任幹事会で、市民団体などと一緒に政策立案に取り組む「つながる本部」担当に、市井氏ら3人を選んだ。市井氏のポスト名は「『子ども子育て』担当・コーディネーター」。10月18日に開かれた党会合にも姿を見せ、子育て中の保護者や保育関係者の訴えに熱心に耳を傾けた。次期衆院選で国政に再挑戦するための布石だとの見方も出そうだ。

福山幹事長「惜敗された候補者に対して、われわれは責任がある」

参院選では、市井氏は子育て支援の両立などを訴えたが、落選。1週間後の7月30日に「立憲民主党」の党名が入った名刺の写真つきで

「今回の機会を経て、子育て当事者の方との交流の機会や、今回お世話になった立憲民主党の議員の方々との意見交換は是非継続させていただきたいと考えています」

とツイートし、政治活動を継続する意向を示していた。

福山哲郎幹事長は10月17日の会見で、市井氏の起用理由を

「4人のお子さんがいらっしゃるとのことで、子育て中で、まさに子育ての問題をずっと主張してこられた」

などと説明。衆院選に向けた「再挑戦」も視野に入れていることをにじませた。

「前回の参院選で『立憲からなら』といって集まってきていただいた候補者、惜敗された候補者に対して、われわれは責任があると思う。彼らの次の選挙に向けた道筋をどうつくるかということについて、やはり、そんなに軽々に決めることがいいとも限らない。本当に政治の道を志す、まだ継続するかを含めて、ご本人を含めて話し合いをしている中で、しかし、一定の役割を担っていただきたい、という思いの中で、今回の役を担っていただくことになった」

芸能活動との「二足の草鞋」どうなる

枝野幸男代表や福山氏も出席した10月18日の会合では、市井氏は大半の国会議員より早く会場に姿を見せ、

「私自身、4人の子育てを毎日奮闘していく中で、こうなったら日本の社会はもっと明るくなるだろうな、こうなったらお父さん、お母さんの負担が軽くなって、もっと子育てが楽しくなるだろうな、というのを、皆さんと意見交換させていただいて勉強していきたいと思いますので、どうぞこれからよろしくお願いいたします」

などとあいさつ。子育て中の親を中心につくる市民団体「みらい子育て全国ネットワーク(miraco)」メンバーの説明に、時折メモを取りながら聞き入っていた。

ただ、東京スポーツが10月18日付の紙面(17日発行)で掲載した市井氏のインタビューでは、芸能活動の再開を表明。衆院選に向けて「二足の草鞋」が両立するかも課題になりそうだ。

(J-CASTニュース編集部 工藤博司)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング