雪印の「極甘コーヒー」、甘やかしの本気を味わってみた。

東京バーゲンマニア / 2019年11月12日 21時0分

写真

2019年11月12日、雪印メグミルクから全国に送り出された「雪印コーヒー 極甘」。

発売前のSNS上では、通常の雪印コーヒーが「ただでさえ甘いのに...」と身構えつつ、発売を気にするするコメントが相次ぎました。

東京バーゲンマニア編集部でも実際に飲んでみましたよ。

甘党以外にはむしろ「厳しい」!?

雪印コーヒー 極甘」は、オリジナルの甘みより1.3倍、乳感は0.7%アップさせ、たっぷりと甘い「雪印コーヒー」に仕立てているとのこと。

パッケージは、丸みをおびた「極甘」の文字を前面に出し、その下に「俺たちを甘やかしてくれる雪印コーヒー」とデザインされているのが特徴。

香りはいつもの雪印コーヒーと同じ優しいカフェインの香りがします。

そしていざ、飲んでみると......「甘い」

「でも思ったよりいける」がひと口目の印象。事前に口コミを見ていたせいか、それほど驚きはありません。のどにくるような甘さではなく、わりと飲みやすくあっという間に飲み干せました。

ただ、記者の味覚は甘党寄り。

発売直後のSNS上をのぞいてみると...

甘党なワイでも『あ、甘ぇ......』ってなるくらい甘かった」

甘すぎてもはや甘味を感じないレベル」

「甘党じゃなけりゃやめとけ、本当に甘いぞ

凄く甘くて、語彙力低下するほどヤバイ」

など、甘さに圧倒される声が多かったです。一方、

「まって雪印コーヒーの極甘めちょめちょ美味しい

警戒してた程は甘くない

といった、甘党強者たちの声も少なくありませんでした。

期間限定商品ですので、甘党を自負する人はぜひ期間中に試してみて。

内容量は500ml、希望小売価格は税込150円

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング