川口春奈は、自分が「川口春奈」だと意識してない? 親友・岡本あずさが魅力分析

J-CASTニュース / 2020年3月18日 7時0分

写真

「はーちゃんねる」から

女優の川口春奈さん(25)が2020年3月15日に自身のYouTubeアカウント「はーちゃんねる」で公開した動画がネット上で話題だ。

1月31日にYouTuberデビューした川口さんの第8弾となる動画のタイトルは「女優ふたりのマル秘女子会!」。その内容はタイトルの通り、川口さんと、その親友で女優の岡本あずささん(27)が2人で隠れ家風の寿司屋で料理をつまみつつ酒を味わうというものだ。再生回数は17日19時30分時点ですでに100万回に到達しており、その人気は疑う余地はないが、内容がまた実に味わい深いのだ。

「今日からあずりんって呼ぶね」と距離詰めてきて...

動画冒頭、「今日はですね、私の親友、岡本あずさと、ゆるりと、ま、ホントに、ただただいつものようにご飯を食べるというのを、カメラを回していきたいなと思います。よろしくお願いします」と当該動画の趣旨を伝えると、トークの内容は2人が初めて出会った撮影だという、2013年と2014年に計2回放送された2時間ドラマ「金田一少年の事件簿シリーズ」(日本テレビ系)の話に移っていった。

同ドラマでの撮影で一緒になったのをきっかけに食事に行くようになったという川口さんは、「あんまり友達多い方じゃないんですけどね、私」と、交友関係を自ら暴露。続けて、「楽です。この人といると」と、岡本さんと一緒にいることのメリットを強調した。

「ありがたいです」と岡本さんが応じると、2人の目の前には頼んでいたグラスビールが到着。今年会うのは初めてのようで、2人は「明けましておめでとうございまーす!」との掛け声と共に乾杯したのだった。

ビールを口にすると、話題は再び「金田一少年の事件簿シリーズ」の撮影についてのものに。「何をきっかけに(親しくなったんだっけ?)」と川口さんが問いかけると、岡本さんは「春奈だよ。春奈がすごく急接近してくれたの」と、そのきっかけを回想。「いきなり、ある日、『今日からあずりんって呼ぶね』って(言ってきた)」と明かしつつ、「面白かったなー。あの時の春奈」とほほ笑んだのだった。

「春奈は『自分が川口春奈だ』ということを、意識してないよね」

徐々に酒が進む中、話題は「川口春奈の長所は?」というものになったが、ここで岡本さんが今回の動画の肝とでも言える指摘を行った。川口さんについて、「飾らない......ところが一番好きかな」と指摘した岡本さんは、続けて、

「春奈は『自分が川口春奈だ』ということを、意識してないよね。(芸能人は)どうしてもさー、色んな縛りがあってさー、生活せざるを得なくなってくるじゃん。人目を気にしたりとかさ」

と、多くの芸能人が、仕事をする上で知らず知らずのうちに自らが芸能人であるとの意識によって、行動の選択肢が狭まっていくと説明した。その上で、「(春奈は)そうじゃないからさ、そこが一番好きだね」と、芸能人になってからも「自然体」を貫ける川口さんが好きであると明かしたのだった。

さらに、岡本さんは川口さんについて、「でもさ、真面目だよね、根は」と、芸能人に染まり切っていないにもかかわらず、プロ意識はきちんと備えていると絶賛。最後に、「春奈は大丈夫、このままで。変わらないでいてほしいけど。ま、変わんないだろうな」と、最大限の賛辞で締めくくったのだった。

川口さんといえば、その魅力について、ネット上のファンからはもちろん、その人気を分析するネットニュースでも、「飾らなさ」というキーワードが使われることが多い。岡本さんはそこからさらに掘り下げて、「川口春奈は自らが川口春奈であることを意識していない」と、川口さんの魅力の神髄を言語化し、そうであるがゆえに自然体を貫けると指摘したのだ。親友の分析は実に深い洞察が含まれているのではないだろうか。

(J-CASTニュース編集部 坂下朋永)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング