「藤浪がPCR検査」に球界激震 どうなる4・24開幕戦

J-CASTニュース / 2020年3月26日 19時38分

写真

画像はイメージ

プロ野球の阪神タイガースは2020年3月26日、藤浪晋太郎投手(25)が新型コロナウイルスの感染を調べるPCR検査を受けることになったと公式サイトで発表した。球団発表によると、藤浪は数日前から臭覚に異常を感じ、24日に兵庫県内の病院(耳鼻科及び内科)を受診していた。25日に兵庫県内の別の病院を受診し、医師の判断でPCR検査を受けることになった。現時点で発熱や倦怠感はないという。

ワイン、コーヒー、みそ汁の味も...

球団はこの事態を重く受け止め、26日午後に鳴尾浜球場で予定していたソフトバンクとの2軍の練習試合を急きょ中止にした。また、1軍選手、ファームの選手ともに自宅待機の措置を取り、球団事務所は26日から臨時休業することになった。現在、本拠地の甲子園や鳴尾浜球場、クラブハウスなどの関係施設の消毒作業を行っており、27日から再開を予定していた全体練習は中止となる。

スポーツ紙の報道によると、球団はこの日までに藤浪から3月11日から25日までの2週間の行動などをヒアリングしたという。藤浪は2日連続でワインやコーヒーの匂いがしないと訴え、3月14日に藤浪と会食した2人の選手は味覚の違和感を訴え、そのうちのひとりは、みそ汁の味が感じないと申し出たという。

藤浪は11日に神宮で行われたヤクルトとのオープン戦に先発し、4回2安打無失点と好投した。試合後に帰阪し、18日に行われたオリックス2軍との練習試合(大阪市・オセアンBS)に登板。その後は甲子園での調整が続いていたが、11日から25日の2週間で阪神のチームメイト、スタッフ、報道陣ら多数の人物と接触している。

韓国、中国、イタリアではウイルス感染者に臭覚障害が

日本野球機構(NPB)は、公式戦の開幕を4月24日に設定しており、ウイルスの感染防止対策に取り組みながらスケジュール調整を行っている。NPBでは選手のウイルス感染者はまだ確認されておらず、NPB選手がPCR検査を受けることを公表したのは藤浪が初めてで、検査の結果次第では公式戦スケジュールに大きな影響を及ぼす可能性がある。

新型コロナウイルスの感染者が臭覚や味覚を失ったというケースは世界各地でみられ、英国の耳鼻咽喉科学会は公式サイト上でレポートを公表。レポートによると、韓国、中国、イタリアにおいて新型コロナウイルス感染者の多くが臭覚障害を訴えているという。米プロバスケットボール(NBA)で初めてウイルスの陽性反応が確認されたジャズのルディ・ゴベールは自身のツイッター上で、一時的に臭覚を失っていたことを明かしている。

阪神は今後1週間、チームの練習を取りやめる方向で、この期間、選手、スタッフらは自宅待機となる。新型コロナウイルスの影響でプロ野球の公式戦開幕は当初の予定よりも大幅に遅れている。東京ではウイルス感染者が増加の傾向にあり、これに加えNPB選手にウイルス感染者が出る事態となれば、球界は大きな危機に直面することになる。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング