世界コスプレサミット、担当者に聞く「オンライン開催」踏み切った経緯と「かける思い」

J-CASTニュース / 2020年6月12日 18時2分

写真

世界コスプレサミット運営事務局の発表(6月12日)

世界コスプレサミットの公式ウェブサイト上で2020年6月12日、会場「オアシス21」などで開催を予定していた「世界コスプレサミット2020」を中止し、それに代わるイベントとして8月1~2日に「世界コスプレサミット2020オンライン」を開催することが発表された。

「オンラインだからこそ集い、発信できることがある」

2020年は多くの漫画・アニメ関係のイベントが、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため中止となった。その代わり、コミックマーケットが行った「エアコミケ」のようなオンラインイベントの開催が広がっている。

42の国と地域から約30万人が集結する世界最大級のコスプレイベント「世界コスプレサミット2020」も、リアルイベント開催を断念。代替となるオンラインイベント「世界コスプレサミット2020オンライン」を開催する。世界コスプレサミット運営事務局は公式サイト上で、

「オンラインでも、いや、オンラインだからこそ集い、発信できることがあると思います。
"名古屋から日本・世界を元気に"。
新たな価値創造に向けて世界が一つになれる企画にチャレンジして参る所存です。是非とも『世界コスプレサミット2020オンライン』にご期待いただけますと幸いです」

と記した。J-CASTニュースは、このイベント中止の経緯やオンラインでの開催について、電話で取材を行った。

「ワールドコスプレチャンピオンシップ」は一足早く中止に

世界コスプレサミット運営事務局の担当者は、J-CASTニュースの取材にまず、「世界コスプレサミット2020」内で開催予定だった「ワールドコスプレチャンピオンシップ」中止の経緯を語る。

「ワールドコスプレチャンピオンシップ」は、衣装だけでなく演技や演出なども含んだ「コスプレパフォーマンスの世界一決定戦」として開催されるメインイベント。世界各国・地域から代表選手が集結する。こちらは、J-CASTニュース既報のとおり、5月1日に一足早く中止が発表されていた(世界コスプレサミット、恒例の「チャンピオンシップ」中止 他イベントは開催目指す)。

この理由について担当者は、

「海外からの日本への渡航が困難であることが予測され、さらに、来日できたとしても隔離期間などが設けられていることから、参加者が日本で活動できない」

とし、早めに中止を発表したという。

厚生労働省は、海外からの渡航者に対して、下記のような新型コロナウイルス感染症に関する水際対策を行っている。

「全ての国または地域を出発し、日本に到着する航空機及び日本の港に入港する船舶に乗って来られた方については、検疫法に基づく隔離(入院)・停留が必要となる場合があるほか、検疫所長が指定する場所(自宅等)において14日間の待機をお願いすることとなります。また、ご自宅等へは公共交通機関を使わず、ご家族やお勤めの会社等による送迎でのお帰りをお願いすることとなります」

更衣室の稼働率は5分の1にしなければならない

世界コスプレサミット運営事務局の担当者は、会場「オアシス21」などで開催を予定していたイベント中止の理由については、世界コスプレサミットの運営体制について言及した。運営には、外務省や愛知県などの公的機関も協力しており、公的機関としては「8月は早すぎる」と判断したという。また、コスプレイベント特有の「更衣室」問題に関しては、

「更衣室の三密を避けるためには、稼働率を5分の1にしなければならず、十分な数を用意できない」

と述べる。さらに、例年の来場者数を考慮するとメイン会場となる「オアシス21」の混雑も避けられないだろうという見方を示した。

J-CASTニュース既報のとおり、コスプレイベントの更衣室は非常に密な空間である。(「アフターコロナ」の漫画・アニメ系イベントどうなる コスプレの更衣室は、同人誌のブースは...)さらに、このような大規模イベントとなると長蛇の列ができることもある。昨年のコミックマーケット97でも、非常に長い待ち時間が発生してしまったため「イベント自体を楽しむ時間がない」とコスプレ参加を断念する人も現れた。多くのコスプレイヤーが楽しく参加するためには、更衣室の数は非常に重要な項目となる。

このような経緯を受けて、「世界コスプレサミット2020」は中止となった。世界コスプレサミット運営事務局が中止の告知を行うと、SNSなどでは国内外から「残念」、「仕方ない」といった声から、「英断」だと運営の判断を称賛する声も寄せられた。

オンライン開催を通して「名古屋から日本・世界を元気に」

世界コスプレサミット運営事務局の担当者は、世界コスプレサミットは「名古屋をコスプレの聖地」として盛り上げてきており、コスプレイヤーたちにとっては夏の恒例イベントになっていると述べる。そのうえで、

「楽しみにしていた方々に何かできないかと検討し、オンライン番組やSNSを通して、国内外に発信を行っていく」

と、オンライン開催を通して「名古屋から日本・世界を元気に」するという意気込みを語った。オンライン番組などの取り組みの詳細については、7月1日に「世界コスプレサミット2020オンライン 大発表会」で発表するとしている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング