渡部建不倫にデヴィ夫人が相手女性に喝!「1万円でトイレで『はけ口』扱い」「女の誇りがない」「あまりにチープ」...ネットでは「よく言ってくれた」と共感の嵐

J-CASTテレビウォッチ / 2020年6月15日 18時19分

写真

渡部建も悪いが相手女性も…

タレントのデヴィ夫人(80)が15日(2020年6月)までに自身のツイッターを更新、渡部建の不倫問題について私見をつづった。

デヴィ夫人は「この度の渡部建さんの浮気事件、あまりにチープでお粗末」と書き出し、「相手の女性たちも自分が多目的トイレではけ口扱いされているのに、1万円で付き合いを重ねていたなんて恥知らず。女の誇りのない人たち」とバッサリ切って捨てた。

「美しい妻の佐々木希さんをこれ以上侮辱するな!」

さらに「週刊誌にペラペラ喋って、美しい妻の佐々木希さんをこれ以上侮辱するな!と言いたい」と佐々木希にエールを贈ったのだった。

ネット上では、デヴィ夫人の投稿に対して「よく言ってくれた」という共感の声があふれている。

「激しく同感です。そもそもこれを不倫と呼ぶ事に違和感しかない。やっている事は売春や風俗通いと同じ。相手がその道のプロならバラされる事もなかっただろうに、見る目のなかった渡部がバカだったってことだ。奥さんのプライドにもよるだろうけど、たかだか風俗通いで離婚なんてバカバカしい話。本来なら家庭内で終わる話が、相手の女性がお金欲しさか知らんが文春に売ったがために、旦那のみっともない性癖が日本中に知られることになるなんて...ご家族が可哀想でならない」

「渡部が人間的に普通ではなく悪いのは周知のとおり。不倫相手も初心な女子高生でもあるまいに、毎度毎度トイレに呼ばれてはホイホイ行って、1万円ポッチでやったくせに、『女性として扱ってほしかった』なんて、何をしおらしく言っているんだか。奥様からたっぷり慰謝料を請求されたらいいんじゃないの?」

「同感!渡部の行為は論外だし情けない事だけど、女性も何故そんな関係を続けたの?不思議で仕方ない。トイレを済ますほどの時間...て。女性もそれを受け入れてお金をもらっていたとすれば、プロの方と言われても否定出来ない」

東出の時は愛された唐田が悪者に、渡部の時は愛されない女が...

「そりゃ渡部が一番の原因ですが、佐々木希さんからしたら、被害者ヅラして週刊誌にベラベラ喋りまくっている女も不倫の共同不法行為の当事者。そもそもトイレ不倫が嫌なら断ればいいことだし、1万円が不満なら渡部は金持ちだから10万円、100万円請求したらよかった。佐々木希さんと電話で話をした際に裁判をちらつかされて恐怖を覚えたとか言って、どこまでも被害者ヅラしているのか。あたかも脅迫されたような主張をするのは佐々木希さんを、とことん冒涜していると思います」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング