あれだけ案里オシだったのに逮捕されたら手のひら返し!安倍首相は切り捨て、菅官房長官「承知してない」

J-CASTテレビウォッチ / 2020年6月19日 14時50分

衆院議員の河井克行・元法相と妻の河井安里・参院議員が公職選挙法違反容疑で逮捕されたことについて、「わが党所属だった元職国会議員が逮捕されたのは大変遺憾。かつて法務大臣に任命したものとして、責任を痛感しております」といったものの、とくに任命責任を取るわけでもなく、2人を切り捨てた。

昨年(2019年)の参院選の広島選挙区で、安倍首相、菅官房長官らは現職の溝手顕正元議員を差し置いて案里を擁立、選挙戦では現地に乗り込んで前面的にバックアップした。選挙資金も自民党本部からは溝手氏には1500万円だったが、河井陣営には1億5000万円と10倍も投入した。

政治評論家の有馬晴海さんは、「安倍首相は憲法改正の勢力を確保するために、自分に近い議員を1人でも多く欲しかったんです」と解説した。

1億5000万円の資金提供も「俺は知らない」

捜査のポイントは、1億5000万円が買収資金として使われたのかどうか、使われていたとすれば、支給した党本部はそれを承知していたのかという点だ。菅官房長官は「(選挙資金の決定プロセスは)承知していない」といい、二階幹事長は「(1億5000万円は)支部の立ち上げと党勢拡大のため、広報誌を配布したもの」と逃げる。

とすれば、支給を決定したのは安倍首相ということになるが、有馬氏は「克行議員が安倍さんに近かったから、お願いとかあったかもしれません」という。

司会の加藤浩次「1億5000万円は選挙に使われたのか。配った時期が問題になりますよね」

菊地幸夫(弁護士)「選挙の時期だと、いわゆる陣中見舞いだったと、おそらくそういう主張になるでしょうが、時期や相手が問題になる」

加藤「毎年渡しているものなら、違うということですか」

菊地「今回いきなりだと、自分の選挙だなと思うでしょう。もらった側の人が、そのつもりだったといってるようだから」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング