国への賠償請求棄却

時事通信 / 2020年6月30日 16時6分

国への賠償請求棄却【時事通信社】

旧優生保護法に基づき不妊手術を強制されたとして、東京都内の男性(77)が国を相手取り、損害賠償を求めた訴訟の判決が30日、東京地裁であり、伊藤正晴裁判長は請求を棄却した。写真は東京地裁に向かう関係者。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング