「TBS女性アナウンサー人気ランキング」...1位は一年後輩の田中みな実を「あの人、嫌いなんです!可愛ければいいんですか!」とガチケンカを売った超高学歴の美女

J-CASTテレビウォッチ / 2020年10月22日 11時7分

写真

加藤シルビアアナ(TBSの公式サイトより)

TBSの女性アナウンサーのなかで最も好感度が高い人は誰か。アンケートサイト「ボイスノート」が16日(2020年10月)、「TBS女性アナウンサー人気ランキング」を発表した。TBSに在籍する32人の女性アナウンサーを対象に、全国1805人に10月9日~16日に調査した。

1位加藤シルビアはお茶の水女子大物理学科卒の「理系女子」

1位に「才色兼備」の誉れが高い加藤シルビアアナ(34歳・250票)が輝いた。お茶の水女子大学理学部物理学科(量子力学専攻)という理系女子。『宇宙女子』という本も出し、入社2年後に一橋大学大学院に入学、国際関係論も学ぶ貪欲な向上心の持ち主だ。『はなまるマーケット』『みのもんたの朝ズバッ!』『Nスタ』などに出演後、1男1女のママに。現在は『あさチャン!』を担当。

かつては「超ブリッ子作りキャラ」と言われた1年後輩の田中みな実(2014年9月退局)との犬猿の仲が「ブリッ子VS高学歴のガチケンカ」としてメディアで話題になった。8年前、加藤アナがTBSラジオ番組の生放送中に、いきなり「あの人、嫌いなんです。可愛いければいいというものじゃないと思うんです」と連呼、相方の博多大吉をオロオロさせたのだ。

加藤アナを選んだ回答者からはこんな評価の声が。「アナウンス原稿を読むのがうまい」「フォローが的確」「知的な感じが漂っていて素敵」「ちょっと三枚目のところが可愛いらしい」「ママになって復帰しても頑張っている」などなど。情報を受け取る際の「心地よさ」と「美人なのに飾らない」という人柄が絶大な人気の秘訣のようだ。

2位江藤愛は報道でしっかり仕事、3位出水麻衣は癒し系

2位は江藤愛アナ(34歳・233票)。青山学院文学部出身。『ひるおび!』や『CDTVライブ!ライブ!』『バナナマンのせっかくグルメ』などを担当。こんな評価の声が多かった。「毒がなくて、とても品がよく、受け答えもきれい」「笑顔がとても印象的で、可愛い癒し系」「でしゃばることなく、いつもMCを立てて仕事をする姿に好感が持てる」「コロナ禍の中、音楽番組での笑顔の司会に元気づけられた」などなど。仕事をきちんとこなせる真面目さと親しみやすさが魅力だ。

3位は出水麻衣アナ(36歳・176票)。上智大学出身。「筑紫哲也NEWS23」「王様のブランチ」「時事放談」「オビラジR」「Jスポ」「北京オリンピック」「ロンドンオリンピック」「ソチオリンピック」「世界陸上」など報道畑が長い。現在は『ひるおび!』『世界ふしぎ発見!』『ゴゴスマ~GOGO!Smile!』などを担当。「聡明なところが好き」「ラジオ番組で、ナイツを上手くナビゲートしている」「癒し系の顔と落ち着いたアナウンス」「愛嬌があり、時々抜けている点がステキ」などなどの評価の声があった。4位以下は表に。(テレビウォッチ編集部)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング