【ワイドショー通信簿】岡村隆史「支えられ婚」を羽鳥慎一は3日前に聞いていた。メシ友達の長嶋一茂も「すごい繊細な人だから、結婚に慎重だったんだろうね」と喜ぶ(モーニングショー)

J-CASTテレビウォッチ / 2020年10月23日 11時18分

「岡村さんが結婚しました」――司会の羽鳥慎一がいきなり伝えた。お笑いコンビ「ナインティナイン」の岡村隆史(50歳)は、パーソナリティーを務めるニッポン放送「オールナイトニッポン」のきょう23日(2020年10月)未明の放送で、10月10日に婚姻届を提出したと報告した。

相手の女性は芸能関係ではない30代だという。実は、羽鳥は3日前に聞いていた。「連絡が来て、びっくりしましたよ。付き合っている(女性がいる)ことも知りませんでしたから」

岡村「プロポーズの言葉は、結婚してくださいです」

岡村がラジオで語った録音が流された。「ストレートに発表させていただきます。結婚しました。(プロポーズの言葉は)普通過ぎて申し訳ないのですが、結婚してくださいです」としゃべっている。10年前に知り合い、半年前から付き合いが始まり、失言騒動でバッシングされているときに支えてもらったという。「支えられ婚です」などとおちゃらけていた。

羽鳥「一茂さんの家で、(岡村と)ご飯を一緒に食べたことあります」

長嶋一茂(スポーツプロデューサー)「そのときも、そういう話になったよね。結婚どうするのみたいな」

羽鳥「いつかはしますよ。別に特定の相手がいるとかじゃなくてということでしたが」

長嶋「本人は願望があったんだと思う。すごい繊細な人だから、その繊細さが慎重さみたいなことになっていたんだろうね。男と女がくっつくって、大変な部分もあるからね。玉川さんはよく知っていると思うけど」

バツイチの玉川徹(テレビ朝日コメンテーター)は「いやいや。でも、よくわかるんです、気持ちとしては。1人でいると何か起きた時に支えて欲しいって気持ちになるんですよ」

羽鳥「ともかく、おめでとうございます」

長嶋「ありがとうございます。あれ、なんで俺がそんなこと言ってんだ!?」

こういう話題は、一茂の独壇場である。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング