悩まず動け! 50代こそ人生最大のチャンスがやって来る【ひろ子ママの教訓 その26】

J-CAST会社ウォッチ / 2020年10月27日 7時0分

写真

悩んでばかりじゃ、はじまらない!

きょうは、先日50歳を迎えたSさんです。

「何かと雑誌を読んでいても、人生100年時代の話題ばかり、あと50年ってこの先長いですよね。折り返し時点過ぎたら、身体も老いていく一方だし、この先下り坂かと思うと、駅などで下を向いて歩いている人の気持ちがわかってきました。下り坂の人生はイヤですけど、今さらどう動いたらいいかわからないですし......」

Sさん! 負のオーラを放っていますよ。「50代こそ人生の最大のチャンス」ともいわれるそうですよ。一たん、ここで頭の中身を切り替えましょう。

人生100年時代 折り返し地点が分岐点になる

50代の折り返し地点を迎えると、人生の残りのほうが少なくなっていきます。(100歳以上の長生きの方は別として)何となく、気持ちが落ち込んでしまうという人もいるかもしれません。

とはいえ、「このまま下り坂の人生を送る」と考えるのか「50代を機にリセットして前向きな人生を送る」と考えるか、考え方によって大きな差が生まれます。言い換えると、考え方によって、人生を好転することもできるということです。ではどんな考え方をしたらよいのでしょうか。

50代は、20代?40代に比べると明らかに可能性は減っています。さっきは、50代は人生を好転することができる時期と言っていたのに、言っていることが違うじゃないか! と思った方もいるかもしれません。 ただ、それは20?40代と比べると残された時間は少ないので、できないことに対して、今からできる可能性が少ないということです。

「できないこと」に対して努力を向けるのではなく、自分が「できること」「できないこと」を理解したうえで、どっちに時間を使った方がいいのかを考え、できないことに対して悩むよりも「できないことは、まぁ、いいか」という考え方を持ってみましょう(ただし、できないことに対して、やり遂げたいという情熱があるときは別の話です)。

行動しないと悪いことも良いことも起こらない!

会社での昇進や昇格、目の前のことに必死に頑張って来た方も多いでしょう。役職定年も近づいてくる50代は、そろそろ一度自分の人生を考えるいいチャンスだと思います。

会社からの給与(土台)があるうちに、自分の人生を歩む準備もできる機会です。もちろん、60代になってからもチャンスを掴むこともできると思いますが、さすがに体力、気力が寿命とともに10年後も保てているかと言ったら難しいのではないでしょうか。

先日、1万人に聞きました「50代にやればよかった12の後悔」という記事を読みました。「『やりたいこと』『やりたくないこと』のバランスを考えていなかった」が9位に入っていました。目の前の仕事や、日々の忙しさの中で自分のやりたいことを見失ってしまい...... 定年後に「50代にやりたいことにチャレンジすればよかった」という後悔が残ってしまった。気づいた時には、「時はすでに遅し」ってことですね。

Sさん、50代を迎えた今は絶好のチャンスです。Sさんの中にも「やりたいこと」「やりたくない」ことがあるはずです。今、立ち止まって自分のことを真剣に考えてみましょう。下り坂の人生は嫌だなんて言っている暇はありませんよ!

これは、先日お会いした50代の方がおっしゃっていた言葉です。おっしゃる通りだと思いました。行動しないと悪いことも起こりませんが、良いことも起きません。このまま、変化を起こさず定年後に後悔するのと、変化を起こして後悔しないのと、Sさんどちらを選びますか?

50代は考え方次第で、人生最大のチャンスの時に変えることができます。Sさんまずは上を向いて歩きましょう!(ひろ子ママ)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング