三浦春馬さん「凱旋」にファン感動 主演映画「天外者」地元・土浦で上映決定

J-CASTニュース / 2020年10月30日 12時13分

写真

三浦春馬さん(2008年撮影)

映画配給会社のギグリーボックスは、俳優の三浦春馬さん主演の映画「天外者(てんがらもん)」(2020年12月11日公開予定)の上映劇場に茨城県土浦市の「シネマサンシャイン土浦」(イオンモール土浦内)を追加したと発表した。

土浦市は三浦さんの出身地。ファンからは「こんなに嬉しいことはありません!」「故郷凱旋だ」と喜びの声が聞かれている。

「春馬くんが念じたのかな」

「天外者」は幕末から明治初期にかけて武士・実業家として活躍した五代友厚にスポットライトを当てた作品。主人公の五代友厚は三浦春馬さんが演じ、盟友の坂本龍馬役を三浦翔平さん、三菱財閥の創業者・岩崎弥太郎役を西川貴教さんが務める。

12月11日に全国の映画館で公開を予定し、10月30日から前売り券の販売が始まった。そうした中、配給会社のギグリーボックスは30日朝に公式ツイッターで「昨日、映画『天外者』の上映劇場が1館追加となりました」と、土浦市の「シネマサンシャイン土浦」での上映が決定したことを報告した。作品公式サイトの上映館リストにも、同館の名が確認できる。

土浦市は三浦さんの出身地として知られる。「地元」での公開決定を受け、三浦さんのファンからは「こんなに嬉しいことはありません!」「故郷凱旋だ」「朝から感動して涙が出ます」と様々な思いが聞かれた。また、

「春馬さん喜んでると思います」
「春馬くんが念じたのかな」

と、三浦さんに思いを寄せる人もいた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング