「諭吉は逃げていった」 Amazon「サイバーマンデー&ブラックフライデー」開幕で財布が軽くなる人たち

J-CASTニュース / 2020年11月27日 17時51分

写真

買いすぎには気を付けて(イメージ)

2020年11月27日、Amazonで2020年末の大規模セール「サイバーマンデー&ブラックフライデー」がスタートした。

27日から1日まで

アメリカの祝日である「感謝祭(11月の第4木曜日)」の翌日を指す「ブラックフライデー」と感謝祭の次の月曜日を指す「サイバーマンデー」は、どちらもオンライン・オフラインで大規模なセールが行われる日だ。

Amazonでは、2020年の感謝祭の翌日に当たる27日から12月1日にかけて、「Amazonブラックフライデー&サイバーマンデー」として5日間にわたる大規模なセールを行う。

数十万点以上の商品がタイムセールなどで値引きされ、多くのユーザーが心待ちにしていたセールであることから、26日深夜頃からツイッターでは「Amazon」や「ブラックフライデー」がトレンド入り。

ネット上では、27日9時の開始から間もなく「さっそく半額になってるEcho Show 8買っちゃいました!」「楽しみにしてたAmazonのブラックフライデーセール、早速ポチったわ」「ブラックフライデーはとりあえずオムツ購入!無駄遣いしない程度にその他も眺めます」など続々と購入報告が投稿されている。

莫大な量の商品が並ぶセールだけに、「何買おうか悩む!TLに流れてくるお得情報楽しみにしてます」「安いのか高いのか分からん」「皆さんは何買う?」など、まだ見ぬお得な商品の情報を交換する人たちも多いようだ。

「特に買いたいもの無いけどAmazonのブラックフライデー見てるの楽しい」「楽しい5日間がきた~!」と、お祭りムードを楽しむ人もいる。

「思ったより割引率が気合入ってて財布の紐が緩みますね...」

「ブラックフライデーで前から欲しかった財布とパスケースとその他いろいろ買いましたわ!諭吉は逃げていった」「Amazonのブラックフライデーが僕の財布を空にしようとしてくる」「今回のAmazon ブラックフライデー思ったより割引率が気合入ってて財布の紐が緩みますね...」など、開始とともに"爆買い"したとするユーザーもいる様子。

「ほしいやつ会計進もうとしたらタッチの差で買えなかった......」「Amazonセール始まってる、戦いに赴く気持ち」と、人気商品での購入合戦に挑むユーザーも少なくないようだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング