FA戦線、今年も巨人主役か 梶谷&井納ダブル獲得なら「最多獲得」さらに更新

J-CASTニュース / 2020年12月3日 15時38分

写真

画像はイメージ

プロ野球の日本シリーズが終了し、フリーエージェント(FA)戦線が動き出した。動向が注目されていた中日・大野雄大投手(32)、ヤクルト山田哲人内野手(28)らの残留が決まるなか、DeNA梶谷隆幸外野手(32)と井納翔一投手(34)が2020年11月27日にFA権を行使することを表明。梶谷、井納ともに複数の球団が獲得に向けて動くと見られ、今後の動向に注目される。

巨人FA補強の第一号は落合

スポーツ紙などの報道によると、今年も巨人がFA戦線に参戦するとみられる。巨人は梶谷と井納に興味を示しているという。梶谷は長打も見込める左のリードオフマンで、今シーズンはリーグ2位の打率.323、19本塁打をマーク。一方の井納は先発ローテーションの一角として6勝を挙げており、梶谷、井納ともに巨人の補強ポイントと合致する。

巨人は過去、12球団の中で最もFAで選手を獲得してきた球団だ。2019年までに巨人がFAで獲得した選手は26人で、2番目に多いソフトバンクの13人を大きく上回る数字となっている。ソフトバンクに続くのが12人の阪神で、これ以下の球団は1ケタの補強に留まっている。今年巨人がFAで選手を獲得すれば、これまでの最多をさらに更新することになる。

巨人のFAの歴史を振り返ると、1993年オフに中日の落合博満を獲得。これがFA補強の第一号だった。その後も清原和博(西武)、江藤智(広島)、杉内俊哉(ソフトバンク)らの獲得に成功。直近では18年オフに炭谷銀仁朗(西武)、丸佳浩(広島)を獲得するなど常にFA戦線をリードしてきた。

12球団唯一FAゼロの広島が過去に参戦したのは...

FA補強に積極的な巨人と対照的なのが広島だ。12球団で唯一、FAでの補強はなく今年も参戦しないとみられる。ただ、過去には2010年オフに横浜からFA宣言した内川聖一の獲得に名乗りを上げたことがあり、結果、内川はソフトバンクに入団。その内川がソフトバンクを退団したことで、鯉党が内川にラブコールを送っており、内川の動向にも注目される。

今シーズンのFA有資格者は国内、海外を合わせて97人で、梶谷、井納に続いてロッテの松永昂大投手(32)がFA権を行使することを表明した。今年も複数球団によるFA争奪戦が見込まれFA市場から目が離せない。FA権を行使する選手は12月5日に「FA宣言選手」として公示され、12月6日から在籍球団を含めて全ての球団と契約交渉が可能となる。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング