1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 芸能総合

「天国と地獄~サイコな2人~」盛り上がる謎解き!「彩子(あやこ)は(サイコ)とも読める。二重人格か」「4の数字の意味は?」「ワンカットだけ登場の中尾明慶が怪しい」

J-CASTテレビウォッチ / 2021年2月3日 11時1分

写真

「4」の数字を見て動揺する彩子(魂は日高)(TBSの公式サイトより)

綾瀬はるかと高橋一生がW主演し、女性刑事と殺人鬼が入れ替わるサスペンスドラマ「天国と地獄~サイコな2人~」(TBS系)の第3話が1月31日放送されたが、衝撃的なシーンの連続に、ネット上では「ラストやばい...」「言葉失った」「息ができなかった」と興奮の渦が起こっている。

と当時に、謎が謎を呼ぶ展開に、「真犯人は〇〇ではないか」「いや、ヒロインの彩子(あやこ・綾瀬はるか)が一番怪しい。彩子は『サイコ』とも読めるからな」などと謎解きで大いに盛り上がっている。視聴率も、第3話が(世帯)は14.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯)と絶好調をキープした。

望月彩子の月、日高陽斗の陽、リクの陸...月と太陽と地球の関係だ

第3話は、日高〈魂・彩子、高橋一生〉が「太陽と月の入れ替わり伝説」のある奄美大島を訪れると、宿に日高の写真があった。一方、彩子〈魂・日高、綾瀬はるか〉が入れ替わりの舞台となった歩道橋を訪れると、壁に「4」という赤色の落書きが。彩子(魂・日高、綾瀬)は目を見開き、「4(し)。そうですか、終わりじゃなかったんですか」と謎の言葉をつぶやく。その後、彩子の同居人・陸(柄本佑)に「便利屋」の仕事が入り、陸が「4」の落書きをゴシゴシ消す。

ラストは、日高〈魂・彩子、高橋〉のスマホに動画が届く。彩子〈魂・日高、綾瀬はるか〉が逆さ吊りにした人間をゴルフクラブで何度も殴打していた。彩子〈魂・日高、綾瀬〉は「この人はゴルフ場作って大儲けした人なんで、頭全体をゴルフボールみたいにデコボコにしちゃいまーす。これでもう、元に戻ろうが戻るまいが、あなたも殺人犯。どっちでも同じになりましたね。あなたは私で、私はあなたです。どうか、お忘れなく」と日高〈魂・彩子、高橋〉に告げた。

ネット上では、衝撃的過ぎる展開に謎解きの投稿が相次いだ。

「数字の『4』(死)と絵本的なイメージの挿入は、日高の潜在意識にある殺人のトリガーなのだろうが、きっかけは何か」

「望月彩子の月、日高陽斗の陽、陸は陸。月と太陽と地球。名前も関係あるかな?」

公式サイト画面の色と配置から浮かぶ「善」と「悪」の顔ぶれ

「名前に秘密があるといえば、望月彩子(あやこ)の『彩子』は(サイコ)とも読みますね。実は望月彩子は二重人格者で、刑事の裏で殺人鬼の面も持っているのではないでしょうか」

「公式サイトトップ画面の色と配置が気になる。右側は陽に当たった赤い色で、みんないい顔をしているのに、左側は月夜の青い色で、みんな怖い顔をしている。特に綾瀬はるかの不気味な笑顔が際立っている。左側が悪で、右側が善を象徴している気がする。左には何故か陸が入っていて、右にはセクハラ(河原)刑事(北村一樹)が入っている」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング