「3月7日に解除できるか心配」4都県、緊急事態宣言の早期解除要望せず

読売新聞 / 2021年2月23日 20時43分

 東京と埼玉、千葉、神奈川の4都県知事は23日、テレビ会議を開催し、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言の早期解除を政府に要望せず、期限の3月7日まで都県民に外出自粛やテレワーク徹底を呼びかけることを確認した。

 会議では新規感染者の減少ペースの鈍化や、変異ウイルスの拡大への懸念が示された。関西圏などでは宣言解除の要望が出されたが、4都県については「3月7日に解除できるか心配な状態」(黒岩祐治・神奈川県知事)など、否定的な意見が相次いだ。

×


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング