1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 芸能総合

「AKBはもうダメかも」秋元康が激怒した1通のメール 高橋みなみが明かしたその内容

J-CASTニュース / 2021年4月15日 17時57分

写真

秋元康さん(2010年撮影)

元AKB48の高橋みなみさんが2021年4月14日放送のテレビ番組「関ジャニ∞のジャニ勉」(関西テレビ)に出演し、プロデューサーの秋元康さんが激怒した事件について語った。

秋元さんのメールを全員で無視

この日、過去を振り返る中で秋元さんに少年のような一面があると語った高橋さん。

現役時代選抜のメンバー16人で食事をしていた際、楽しくて盛り上がっていたところ、秋元さんからメンバーに向けたメッセージが届いたという。だが、その場で読むのが面倒になったことから16人全員が無視をしたエピソードを明かした。

高橋さん曰く「ぱっと見ものすごい長文だったし、楽しい時間だったし一回(時間を)置こう!」という空気が漂ったため、食事会を続行していたところスタッフから

「皆メール返してないだろ!秋元さんちょっと拗ねてるぞ!」

と連絡が入る騒ぎになってしまったそうだ。

すると、その場にいた小嶋陽菜さんが「もう送り返した!」と宣言。なんと彼女は「了解♪」という3文字のみで反応したという。

その返事を見た秋元さんは「すっごい真剣に送ったのになんでそんな返事が短いんだ!」と激怒。「AKBはもうダメかもしれません」という重ための内容を送付したにも関わらず、フランクすぎる返事が来たことに拗ねてしまった事実が明かされた。

過酷な仕事なのに「お手当」は無し

グループに対する思い入れが強すぎるゆえ、無茶ぶりが多かった秋元さんは、じゃんけん大会や選抜総選挙など、様々な企画に挑戦していた。

そもそも高橋さんが初代を務めた「総監督」も秋元さんの無茶ぶりの一つであり、音楽番組では彼女がリハーサルを48人分こなすこともあったとのことだ。また、握手会のクレーム対応係にいつの間にかなってしまった時期もあり、メンバーの不祥事があった際はファンから「メンバーのプライベートもしっかり管理しろよ!!」などの叱咤が飛んでくることも。

高橋さんは3人連番でクレームを言われたこともあるが、超過酷なポジションであるにも関わらず特別手当は特になかったと振り返っていた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング