1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 社会
  4. 社会

停電なのに警備員出動せず、ヒラメやトラフグの稚魚全滅…セコムに賠償求め提訴

読売新聞 / 2021年6月11日 7時28分

長崎地方裁判所

 停電発生時に警備員が出動せず、取水ポンプなどが停止したため陸上養殖のヒラメやトラフグの稚魚計約10万5000匹が全滅したとして、長崎県漁業公社(長崎県佐世保市)が警備大手「セコム」(東京)を相手取り、約760万円の損害賠償を求める訴えを長崎地裁佐世保支部に起こしたことがわかった。提訴は5月22日付。

 訴状によると、公社は2015年から同社と契約。同社は養殖場の防犯警戒や停電の監視業務を行うことになっていた。昨年9月の台風で養殖場が停電になった際、同社の担当者は公社職員に電話し、停電の発生と警報装置をリセットする旨を伝えたが、現場には出動しなかった。

 警報装置のリセットは現地での操作が必要なため、公社側は警備員が出動していると考えたという。翌朝出勤した公社職員が、停電で取水ポンプなどが停止し、全ての稚魚が死滅していることに気づいた。

 公社側は「警備員が出動し、停電が続いているとの報告があれば、非常用電源を使うなどの緊急対応ができた」と主張。セコムは「係争中のため、コメントは差し控える」としている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング