1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. 経済

東京に4度目の緊急事態宣言! 五輪強行の陰に「安倍の呪縛」があった!?(2)

J-CAST会社ウォッチ / 2021年7月8日 20時45分

写真

「五輪貴族」の特例を猛批判した尾身茂会長

東京五輪・パラリンピック開催まで残り2週間。それにもかかわらず、東京都の新型コロナウイルス感染急拡大が止まらない。

菅義偉政権は2021年7月8日、東京都に緊急事態宣言を発令することを決めた。期間は、東京五輪の開催期間中を含む7月12日から8月22日までの42日間。飲食店の酒類提供は禁止される。

変異ウイルス感染爆発の危険が迫るなか、人々に多くの制限を強制しながら東京五輪を強行することに、怒りの声もまた止まらない。

「五輪貴族」特例に怒った尾身茂会長

2021年7月8日夜、東京五輪の観客問題を話し合う日本政府、東京都、大会組織委、IOC(国際オリンピック委員会)、IPC(国際パラリンピック委員会)の「5者協議」が開かれた。東京と神奈川、千葉、埼玉の1都3県で行われる競技会場を「無観客」とする方向で話し合われたが、課題が残った。

IOCやスポンサー企業関係者など、いわゆる「五輪貴族」を大会関係者として「特例」で観客席に入れることに対して猛批判が起こっているからだ。政府の新型コロナ感染症対策分科会の尾身茂会長も批判の急先鋒の一人だ。

東京新聞(7月8日付)「東京五輪『大会関係者も最小限に』尾身茂氏が危機感  特例認めて感染拡大『当然あり得る』」が、こう伝える。

「政府分科会の尾身茂会長は7日の衆院厚生労働委員会で、東京五輪・パラリンピックについて『無観客が望ましい。大会関係者も最小限にすることが重要だ。7月から9月にかけては、日本のコロナ対策の取り組みの中でも最も重要な時期だ。夏休みやお盆、五輪・パラリンピックが始まる前に効果的な対策を打つことが必要だ』と訴えた。政府が国民に感染防止策の徹底を求めるなか、別枠扱いで会場に入るIOCなどの大会関係者がテレビに映れば『矛盾したメッセージ』を与えると懸念。コロナ対策のプレーブック(規則集)で行動が制限される大会関係者に個室付きレストラン利用などを特例で認めていることに関しては『実効性を持った対策を打ってほしい』と要請。立憲民主党の山井和則氏が『例外規定からアリの一穴で感染が東京に広がらないか』とただしたのに対して『当然、可能性としてはあり得る』と述べた」

観客問題については、政府や組織委はこれまでも「完全な形の開催」「無観客」「1万人まで」と何度も方針を変えて、ブレまくってきた。それは安倍晋三前首相の「安倍の呪縛」にとらわれてきたからだと指摘するのは、毎日新聞(7月8日付)「東京に緊急事態発令へ 五輪観客、安倍前首相の発言が『呪縛』に」である。

「開幕まで2週間、(観客数が決まらず)後手後手の対応が自業自得を招くこととなった。大会組織委前会長の森喜朗氏は『早くから無観客だっていいじゃないかと言っていた』と7月6日、東京都内の会合で振り返ったという。それでも、観客を入れることへのこだわりは根強い。関係者の『呪縛』となっているのが、安倍晋三前首相の発言だ」

昨年(2020年)3月、安倍氏は東京五輪の延期を決める際、バッハ会長との電話会談で「人類がウイルスに勝った証し」と述べ、IOCと連携を約束した。その後の主要7か国(G7)首脳にも「完全な形」で開催する意欲を伝えた。安倍政権の継承を掲げた菅首相も「コロナに打ち勝った証し」という言葉を踏襲して、開催に向けて突き進んできた。

毎日新聞が続ける。

「しかし、現実は『撤退』の連続だ。今春には海外からの観客受け入れを断念。その後も決断の先送りを繰り返した。ある組織委幹部は『我々はまな板の上のコイ。政府が基準を決めてくれないと動けない』と語る。関係者を悩ませているのが開会式の取り扱いだ。各国の要人のほか、IOC委員ら少なくても1000人近い大会関係者が『別枠』で観戦する。ある政府関係者は『無観客となれば関係者だけ入れる絵面は厳しい。誰のための五輪なのか、となりかねない』と語る。組織委関係者は『前代未聞の事態だが想定はできた。誰も対応しなかったということだ』とつぶやいた」

安倍晋三前首相のコロナに対する無責任な猪突猛進主義が、まだ祟っているというわけだ。

高校生「文化祭がなくなっても五輪をやるのか」

ネット上では、怒りの声があふれている。

経済評論家の門倉貴史さんは、こう批判する。

「7月12日から8月22日までの期間、東京に緊急事態宣言を発令した場合、飲食店の時短営業、酒類提供停止などにより発生する経済損失額は9066億円に上ると試算される。ただ、これほど頻繁に宣言の発令・解除を繰り返せば、『宣言慣れ』や『自粛疲れ』が強く現れて、短期間で感染を封じ込めるのは難しい。なによりも多くの国民には『国民生活の犠牲のうえに五輪が強行開催される』という基底意識があるので、五輪を中止にでもしなければ、お願いベースの宣言に大きな効果は期待できない。ワクチン接種率も五輪開催国とは思えないほど低い水準にとどまり、『安心安全』とは程遠い状況での五輪大会になりそうだ」

高校生が、こう怒りをぶつけた。

「高校生です。この緊急事態宣言によって、文化祭がなくなります。軽音部引退前最後のライブもなくなります。ずっと後夜祭開催のため、ライブ開催のため交渉を重ね、コロナ対策を練った計画案が認められ、有観客は無理でも、最後の思い出に。その一心で動いてきた矢先です。オリンピックは開催するのですね。宣言中なのに。僕たちの行事はなくなるのに。そうですか。がっかりです。悲しいです。日本という国はここまで腐っているのですか?」

この声にはこんな反響が寄せられた。

「公立中学校の教員です。本校は放送設備を最大限に生かして、体育館での様子を教室に中継する形で昨年度からさまざまな行事を開催してきました。学校祭もやりました。バザーはありませんでしたが、ステージ発表はやりました。例年どおりの行事にはならず、子どもたちには我慢もさせていますが、実現可能な範囲で最大限の形を目指すことはできるはずです。きっと先生方もみんなの活動を保証したいと思っているはず。だから先生方に相談しよう。すぐに国を変えることは難しいけど、生徒と教師が協力すれば学校は変わる」
「キミの気持ち痛いほどわかります。私も2人子供がいます。きっと中3最後の修学旅行が中止になると思います。正直、緊急事態であろうと強行で行って欲しいです。一生の思い出ですから」
「地方に住んでいます。息子の通う高校は、オリンピックで人流増加が想定されるため、2度とない東京方面の修学旅行が中止となりました。地方の子どもたちも沢山の我慢を強いられています。オリンピックは開催されても、一年一年過ごし方の違う子どもたちは常に我慢。複雑です」

正直者のなじみの居酒屋が「閉店します」

飲食店をいじめるな!という声が多かった。

「都内中央区、もんじゃ焼きで有名な某所。もんじゃ焼き屋さんは時短営業、酒類提供ルールを守って、『もんじゃ焼きという、みんなで楽しみながら食事をする文化はコロナ禍では両立できません。元のように食事ができる時まで私たちは耐え、頑張ります』という貼り紙。しかし、コロナの最中に新しく出来た居酒屋やバーは、『もう我慢できません』『従業員、取引先を守るため営業再開します』とか言って、遅くまで営業、深夜も酒類提供。そんな店に客が集まり、マスク外して楽しそうにバカ騒ぎ。地域の古くからの飲食店店主は『せっかくルールを守って営業している店が多いのに、街の印象が壊されていく』と嘆く。政府や都は、飲食店もきっちりと精査して、より効果的な施策を実行するべきだ」
「なじみの居酒屋に、6月に緊急事態宣言が明けてから初めて妻と行ってきた。宣言中は必ず休業していて、今回の宣言明けも2名までなら滞在時間90分を律儀に守っていた。店長は気さくで腰の低い人で、居心地がいい店だ。帰り際、店長に呼び止められ、『今月で閉店することになりました。また宣言出たら、もう休業のままなので、直接お伝えできてよかったです』と。正直涙が出ました。まじめにやっている店はこうなるのよ。もう、それぞれの店ごとに出来うる限りの感染対策をして、営業していいよ。需要があるのだから。店を潰すくらいなら、都の言うこと聞かずに営業していいよ。悔しい。正直者を救って下さい」

(福田和郎)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング