1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 芸能総合

【ワイドショー通信簿】「白髪染めている」加藤浩次も興味津々 毛髪めぐる新研究成果とは(スッキリ)

J-CASTテレビウォッチ / 2021年7月16日 11時33分

写真

白髪をめぐり注目情報が(写真はイメージ)

「白髪が黒髪に戻る可能性があるそうです」ときょう16日(2021年7月)の「スッキリ」で森圭介アナウンサーが伝えたのは、大正製薬が15日に「毛髪最新研究発表会」で発表した新たな研究成果だ。カギを握るのは、体内に存在する「MITOL(マイトル)」という酵素だという。

酵素「MITOL」の作用メカニズム

人間の体内には、生命活動のためのエネルギーを作る細胞内の小器官であるミトコンドリアが1000兆個以上ある。MITOLはその中に存在する酵素で、ミトコンドリアが活発に機能するようメンテナンスする役割を担っているのだが、40代ぐらいから加速的に減少する。

このMITOLが白髪解消に作用するメカニズムについて、森アナが図とともに解説した。白髪は髪の毛の色を作るメラニンの量が減少することで起こる。髪の毛には、毛髪の材料となる「毛母細胞」とメラニンを作って毛母細胞に渡す「色素細胞」があるのだが、MITOLの機能が低下していると、色素細胞の突起が減少してメラニンの受け渡しができなくなる。

つまり、このMITOLを活性化させれば、メラニンの受け渡しが活発になり、白髪になりにくくなるという仕組みだ。MITOLを活性化させるのには、「ボタンピ」と呼ばれるボタンの根皮の漢方の成分が有効だということも、今回の研究でわかったという。

髪の毛の細胞に直接アプローチ

髪の健康について研究しているマブチメディカルクリニックの馬渕知子院長は、「これまでは血流を良くすることによって髪を健康にするという考えが主流でしたが、今回の研究は髪の毛の細胞に直接アプローチして改善していくというものです。MITOLをしっかり活性化させると、老化による白髪がなおる可能性もあります」とスタジオで説明した。

自身も白髪を染めているというMCの加藤浩次は、「マイトルが活性化すれば抜け毛もなくなりますか」「ボタンピをどれぐらい飲めば改善されますか」と興味津々。その都度わかりやすく説明していた馬渕院長だったが、金曜日のコメンテーターで頭がツルリとしている菊地幸夫弁護士については「可能性はありますが、まぁ、やられてみて...なんとも言えませんけど」と口ごもっていた。

(キャンディ)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング