1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 芸能総合

「空耳」発端でまさかのオファー AKB48が「鳥取の梨」を宣伝することになった事情

J-CASTニュース / 2021年9月22日 17時31分

写真

新曲が縁でAKB48が「とっとりの梨食べ大使」に任命され、任命式が開かれた。左からAKB48の小栗有以さん、鳥取県の平井伸治知事、AKB48の山内瑞葵さん

AKB48が1年半ぶりに発売する新曲「根も葉もRumor」(2021年9月29日発売)がきっかけで、鳥取県特産の梨のPRに一役買うことになった。楽曲自体は梨とは何の関係もないが、歌詞の一部が「梨」に聞こえる、というのがその理由だ。

そこで鳥取県は、さらに広く宣伝してもらおうと、「とっとりの梨食べ大使」なるポジションを新設。9月22日に都内で任命式が開かれた。平井伸治知事がAKB48の小栗有以(おぐり・ゆい)さん(19)と山内瑞葵(やまうち・みずき)さん(20)に任命証と「たすき」を手渡した。

平井知事「この新曲に乗っかって私どもの梨も...」

新曲は、テレビ初披露時の7月17日の発表によると、

「重厚かつアップテンポな超絶ノリノリビート、そしてAKB48 の楽曲の中で、難易度の高いダンスはいくつもあるが、今回は、一朝一夕の付け焼き刃では不可能なロックダンスに挑戦!」

というのが売りで、特に梨とは関係ない。ただ、歌詞の序盤の「Nothing! Nothing! Nothing! Nothing!」部分が「梨!梨!梨!梨!」に聞こえる、という声が次第にネット上で広がった。

地元企業のPRキャラクター「とっとりなしお」が8月末に二十世紀梨をAKB48に差し入れし、メンバーが次々に「梨ダンス踊ってみた」と題した動画をTikTok(ティックトック)に投稿するなどの動きもあった。平井氏もAKB48のコンサートに梨を差し入れ、9月8日の定例会見で、新曲に合わせて梨の売り込みを図っていきたいという期待を語っていた。次のように話し、然るべきポストも用意する考えを示していた。

「やっぱり我々としても、何かこう働きがいのある、そういうポストを考えてもいいのかなと。例えば『とっとりの梨食べ大使』に任命させていただくとか、あるいは梨をまたこのグループのほうにも応援で送らせていただいたり、この新曲に乗っかって私どもの梨も認知していただけるようになれば」

「全国47人の知事がいるが、唯一『アキバ系』と言われている」

平井氏は任命式でも、「Nothing!=梨!」を聞いて「これは鳥取の歌だな!」と思い立ち、新曲を応援することを決めたことを明かした。

「そういえば(AKB48『チーム8』鳥取県代表の)徳永羚海(れみ)ちゃん(14)頑張っているな、そういうわけで応援しようと、単純になりました。難しい理屈はありません」

AKB48の2人も、

「ご縁があって梨をたくさんいただけて、新曲の激しいダンスも、この梨を食べてレッスンを頑張れています」(小栗さん)
「これからも『根も葉もRumor』を聞きながら踊って、疲れたなと思ったら鳥取の梨を食べて元気を出して、皆さんもたくさん鳥取の梨を食べていただいて、一緒に梨ダンスを踊っていただけたら」(山内さん)

などと梨の魅力をアピール。SNSで話題になった「梨ダンス」も披露した。ダンスは直前に平井氏にも「無茶ぶり」され、見よう見まねで、鳥取県のゆるキャラ「トリピー」と4人で踊った。

平井氏はAKB48の本拠地、秋葉原がある外神田(東京都千代田区)出身。

「全国47人の知事がいるが、唯一『アキバ系』と言われている。AKBの皆さんとは勝手にご縁があると思っていたが、こんなに梨の縁でつながれるとは、言うことナシです」

などとおどけていた。

(J-CASTニュース編集部 工藤博司)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング