1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 社会
  4. 社会

完全予想「眞子&小室結婚会見」意地悪な質問にも「4年間結婚についての考えは変わりませんでした」と決然!――ほか6編

J-CASTテレビウォッチ / 2021年9月24日 18時40分

秋篠宮眞子さんと小室圭の正式な結婚発表が10月1日(2021年)、緊急事態宣言明けに行われるようだ。そのため、小室圭が9月27日にも帰国し、14日間の隔離生活を経た後、眞子さんと2人で記者会見を開くといわれている。

どのような会見になるのだろう。時期は10月中旬。場所は婚約会見と同じ赤坂東邸か。最初に入ってくるのは眞子さん、続いて小室圭。居並ぶ宮内庁記者会の面々にあいさつして、椅子に座る。2人の前には低い机が置かれ、前回と違うのは2人の前に透明なアクリル板が置かれるくらいか。

幹事社代表が「このたびは秋篠宮眞子内親王におかれましては、小室圭さんとのご結婚が決まり、まことにおめでとうございます」とあいさつをする。それに対して眞子さんが「結婚が決まったことを誠に嬉しく思っております」と答える。前回は、「先ほど,御所へご挨拶に上がりました。天皇皇后両陛下より,大変温かく、心のこもったお言葉を頂きました」といったが、今回はないのだろう。

記者会から事前に出された質問以外は答えないといわれている。考えられる質問は、「婚約延期から4年近くあいたが、眞子さまはその間どのようなお気持ちでお過ごしになっていたのか」「小室圭さんとは連絡を取り合っていたのか。どのような話をしていたのか」

当然、小室圭の母親・佳代と元婚約者との金銭トラブルについての質問もあるはずだ。そして「ニューヨークでお暮しになるということだが、不安はないのか」。私だったら、「結婚についてご両親とはどのような話し合いをしてきたのか」と聞きたいものだが。

さて、どのように答えるのだろうか。4年近くのブランクについては、「私の結婚についての考え方はまったく変わっておりませんでした」と、静かな中にも決然としたいい方になるのではないか。会えない間は、スカイプで毎日連絡を取り合っていたと、小室の母親・佳代が語っている。「毎日連絡を取り合ってはいましたが、その内容についてここで申し上げるわけにはまいりません」程度のことは話すのだろう。

金銭トラブルについては小室圭が話すのだろうが、まず、「母と元婚約者との婚約中のおカネの問題では、秋篠宮ご夫妻を含め皆様に多大なご心配をおかけしてしまったこと、深くお詫び申し上げます」という謝罪で始めるのだろう。そして、「元婚約者の方とは現在、私どもの代理人の弁護士の方と話し合いを始めております。大変お世話になった元婚約者の方のご納得がいく形で早急に解決するよう努力する所存でございます。何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます」とでもいうのか。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング