1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 芸能総合

夏目三久へ「人間味全開」の挨拶 「バンキシャ」卒業回が「エモい」

J-CASTテレビウォッチ / 2021年9月27日 17時50分

写真

日本テレビの「真相報道バンキシャ!」公式ツイッター(@bankisha)より

9月末(2021年)での芸能界引退を発表している夏目三久アナウンサーが、2013年から総合司会を務めている報道番組「真相報道 バンキシャ!」(日本テレビ系)を、9月26日放送回をもって卒業した。

番組オープニングでは、

「まだまだ全然実感は湧いてないんですけど、桝さんとは半年の付き合いでしたけども、すごく濃密な時間を過ごさせていただいたなと思ってます」

と、21年4月に司会に就任した桝太一アナウンサーに言葉を贈り、桝アナは

「きっと福澤さんも見てくださってると思いますので、一緒に最後まで走りきりましょう」

と、前任の福澤朗アナウンサーの名前を挙げて返した。

「天の声」が「考え直すわけには...」

「天の声」と呼ばれる生ナレーションを担当している声優の大塚芳忠さんからは、番組中盤に「夏目さん、夏目さん、こんばんは。芳忠です」と呼びかけが。

大塚さん「いやぁついに、この日が来てしまいましたねぇ。寂しくなります。えー、考え直すわけにはいきませんか?」

思わぬ引き止めに夏目アナは笑みをこぼしつつ、「すいません、もう覚悟を決めて、踏み出します」と返答。

大塚さんから「長い間ありがとうございました」と言われると、

「芳忠さんはこの10月から、もう『バンキシャ!』の開始当初からですから、20年目に突入しますね。お体どうぞ気を付けて、これからもテレビの前で応援しています」

と、大塚さんを気遣っていた。

2人の心温まるやり取りに、ツイッターなどでは

「本日最後の出演の夏目アナに大塚芳忠氏がエールを送ったことに感激した」
「『芳忠です。夏目さん思いとどまるわけにはいきませんか?』ってナレーションの大塚芳忠が人間味全開で高まる」
「夏目さんと大塚芳忠さんの会話エモいわぁ」

といった声が上がった。

なお、夏目アナの後任は日本テレビの後呂(うしろ)有紗アナが務める。番組のエンディングで夏目アナは、

「私も家で...久しぶりですね、日曜日に。家でゆっくりご飯の準備でもしながら楽しみたいと思いますので、また視聴者として楽しみにしてます」

と、この先の「バンキシャ!」にエールを送っていた。

(TT)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング