1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 社会
  4. 社会

新総裁に喧嘩を売った?! 岸田派議員「広島焼き」ツイートで謝罪「心よりお詫びを申し上げます」

J-CASTニュース / 2021年9月30日 15時0分

写真

自民党の岸田文雄新総裁(写真:ロイター/アフロ)

自民党総裁戦で河野太郎氏との決選投票を制し、新総裁に就任した岸田文雄氏。2021年9月29日夜、ツイッターで妻・裕子さんが作ってくれたというお好み焼きの写真を投稿し、勝利の喜びに浸った。

しかし、その裏ではちょっとした騒動が起きていた。岸田派の大西宏幸防衛大臣政務官(大阪出身)が、岸田氏の投稿した「お好み焼き」のことを「広島焼き」と呼んだのだ。岸田氏の地元・広島では「広島焼き」の呼称は一般的ではないとされ、ネットで指摘を受けた大西氏は謝罪に追い込まれた。

「流石の広島焼き♬ 美味しそう」

「帰宅すると、妻の裕子がお好み焼きを作ってくれていました。インスタライブで私が、『妻の作ってくれるお好み焼きが大好きです』と言っていたからです。いつも最高に美味しいけど、今日は、一生忘れられない美味しさでした。ありがとう」

自民党新総裁に選出された29日夜、岸田氏は妻が作ったというお好み焼きの写真を投稿した。地元広島で親しまれる、キャベツ、麺の上に生地がかぶさっている「重ね焼き」方式のお好み焼きだ。写真には広島のメーカーが製造するお好み焼きソースの瓶も映っている。

このツイートに対し30日、岸田派に所属する大西氏は次のようなリプライを送った。

「今日はお疲れ様でした そしておめでとうございます 流石の広島焼き♬ 美味しそう」

日本の「お好み焼き」には主に、広島地域でみられる「重ね焼き」方式と、関西地域でみられる「混ぜ焼き」方式がある。2つの方式を区別するため、広島方式のお好み焼きを「広島焼き」と呼ぶケースもある。

しかし、16年にはNHKの番組「サラメシ」が、テロップで広島のお好み焼きを「広島焼き」と紹介したところ、視聴者からの抗議が殺到。番組の再放送時に「お好み焼き」に修正された、という騒動があった。当時、お好み焼きの普及活動をしている広島市内の一般財団法人「お好み焼アカデミー」はJ-CASTニュースの取材に対し「こちらでは、『広島焼き』という言い方はしません。広島のも、『お好み焼き』と言います」と説明していた。

「これは冷や飯不可避」「野党の追求必至」

大西氏は大阪市生野区出身で、14年の衆院選では大阪1区から選出されている。お好み焼きの「もう一つの本場」に地盤を持つ大西氏が、広島選出の新総裁に「広島焼き」と言ってしまったことに、ツイッターユーザーからはこんな声が寄せられた。

「広島選出の岸田さんに広島焼きって言うてて草」
「広島の首相に大阪の議員が喧嘩うっとるぞ」
「これは冷や飯不可避ですね」
「いくらハト派の宏池会と言えど、これは...」

こうした指摘を受けてか、大西氏は「広島焼き」のツイートを削除。30日、次のようなツイートを投稿した。

「お詫び 広島でのお好みと、大阪でのお好みは基本的な作り方も違うのに地域名を入れた事に心よりお詫びを申し上げます(>人<;) 広島文化も大阪文化も弥栄」

大西氏の謝罪を受け「間一髪、内戦勃発の危機は避けられた」と安堵の声が聞かれた一方で、「君は岸田先生に喧嘩をうった」「野党の追求必至」と相変わらず厳しい声もあった。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング