1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. 経済

「異色LCC」ZIPAIRが初の試み 「日本→北米」路線開設で示す「存在意義」

J-CASTニュース / 2021年11月12日 13時22分

写真

ZIPAIR機はボーイング787型機で就航している。21年12月に開設される成田-ロサンゼルス線はLCCとしては初めて日本と米本土を結ぶ路線だ(2020年6月撮影)

日本航空(JAL)傘下の中長距離格安航空(LCC)、ZIPAIR(ジップエア)は2021年11月12日、成田-ロサンゼルス線を12月25日に開設すると発表した。日本と米本土を結ぶLCCの路線は初めて。

エアバスA320型機といった比較的小型の機材で「短距離を多頻度で運航」して利益をあげるのがLCCの基本的なビジネスモデルだと考えられてきた。中型機のボーイング787型機を使って「中長距離」をターゲットにしたZIPAIRはLCCとしては異色の存在だ。北米路線は設立当初から就航を目指していた路線で、西田真吾社長は「新しい選択肢を提示するというミッション、存在意義があると思って、ここまでやってきた」などと話した。

ビジネスクラスは「4分の1ぐらいの値段」

ZIPAIRは成田空港を拠点に、20年5月にバンコク(スワンナプーム)便に貨物便として就航。同年10月から旅客便としても運航している。他にもソウル(仁川)、ホノルル、シンガポールを結んでいる。

ロサンゼルスは米西海岸最大の都市で、在留邦人が最も多い。さらに、航空貨物の拠点で需要が見込めることから、北米路線の「1丁目1番地」だとして就航を決めた。週3往復で運航を始めるが、需要動向を見ながら1日1便(週7往復)への増便も検討する。

運賃は普通席にあたる「スタンダード」(Standard)が片道2万7500円から、ビジネスクラスにあたる「ジップフルフラット」(ZIP Full-Flat)が8万8000円から。西田氏によると、「フルサービスキャリア」(FSC)と呼ばれる既存の航空会社と比べて「かなり価格競争力があると思っている」。特に座席が水平になる「フルフラット」のFSCビジネスクラスと比べると「4分の1ぐらいの値段で設定できている」とした。

「長く我々は厳しい時期を送ってきたが...」

コロナ禍で国境を越えた往来は難しい状況が続き、国際線の旅客需要も厳しい状況だ。ただ、西田氏は

「長く我々は厳しい時期を送ってきたが、何とかここ数か月、お客様の需要は増加傾向にある」

とも指摘した。西田氏によると、10月の予約数は9月に比べて2.5倍に増えており、11月は10月のさらに2.5倍(9月と比べると約6倍)のペースで予約が入っている。就航先の水際対策の緩和が需要回復を後押ししているとみられる。米国でも新型コロナウイルスワクチンの接種を条件に外国人に対する入国が認められるようになったばかりだ。

今後も西海岸の就航都市を増やしていきたい考えで、西田氏は

「カナダの西海岸から米国の西海岸まで。大きな都市、候補地はたくさんある。日系のお客様がどのくらいいるか、アジアのコミュニティーがどういった環境にあるかを調べながらやっていきたい」

としている。ラスベガスを例に挙げながら、「レジャー、ファミリーで行けるリゾート路線」も検討する考えだ。

(J-CASTニュース編集部 工藤博司)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください