1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. スポーツ総合

Y.S.C.C.横浜フットサル部門GMが辞任、SNSで「到底許容できない不適切発言」 本人謝罪「配慮や思いやり欠けた」

J-CASTニュース / 2022年5月17日 19時10分

写真

横浜スポーツ&カルチャークラブ公式サイトより

日本フットサルリーグ(Fリーグ)加盟チーム「Y.S.C.C.横浜」を運営するNPO法人横浜スポーツ&カルチャークラブ(神奈川県横浜市)は2022年5月17日、同クラブフットサル部門のゼネラルマネージャーを務める渡邉瞬氏がSNSで「到底許容することのできない不適切発言」をしたとして、同氏の辞任を発表した。

「クラブ、リーグの品位を下げるような発言をしてしまい深く反省しております」

横浜スポーツ&カルチャークラブは、「当クラブフットサル部門のゼネラルマネージャーより辞任の申し出があり、昨日の臨時理事会において、辞任受け入れの決議を行った」と発表した。経緯については「同氏のSNSにおいて、到底許容することのできない不適切な発言があったため、2022年5月17日付で同氏を当クラブフットサル部門のゼネラルマネージャーの職から解くことを決定いたしました」と説明している。

この件に対し、「今回の事態を重く受け止めて、再発防止に努めてまいります。多くの皆さまに不快な思いをさせてしまい深くお詫び申し上げます」と謝罪した。

同発表には、今回辞任したゼネラルマネージャー・渡邉瞬氏のコメントも掲載されている。「この度、SNS上でのやり取りで多くの方々に不快な想いをさせてしまったこと、また苦しんでいる方に追い討ちをかけるようなコメントをしてしまい、誠に申し訳ございませんでした。相手の立場への配慮や思いやりに欠けた発言、またクラブ、リーグの品位を下げるような発言をしてしまい深く反省しております」と謝罪し、「ハラスメントや心身を蝕むような労働環境は望んでおりませんし、許されるべきではありません」と述べた。

「追い込まれたら爆弾投下する人とは一緒に仕事しづらいす」

渡邉氏をめぐっては12日、「Fリーグ の匿名告発文でザワついてますね。告発した方の心身の健康を祈ります」とツイッターに投稿し、「リーグを構成するクラブの一員として我々は我々ができることをやるのみ。悪しき習慣は正す(ことを願う)。地域、ファン、選手、スタッフのためによりよい未来をつくる」とつづっていた。

前日の11日には、日本フットサル連盟(Fリーグ、女子Fリーグ)に対し、セクハラやパワハラ、長時間労働といった労働環境があったとして業務改善を申し入れたとする匿名の文章が、noteに公開され注目を集めていた。

渡邉氏は上記投稿のほか、別のユーザーとのやり取りの中で「自分個人的にはあのやり方は正直あんまり好きじゃないですが起きてしまったことは仕方ないので良くしていくしかないですね!」「追い込まれたら爆弾投下する人とは一緒に仕事しづらいす」などと投稿していた。この一連の投稿は、17日までに削除されている。

渡邉氏は14日、ツイッターでも「私の軽率な発言により様々な方々にご迷惑をかけ、且つ不快な想いをさせてしまい申し訳ありません」と謝罪していた。同日、横浜スポーツ&カルチャークラブも同氏の発言に関して「不快感を抱かれた皆様はじめ、リーグ・クラブ関係者、またフットサルに関わる皆様へ深くお詫び申し上げます」と謝罪し、吉野次郎理事長名義の文書では「ハラスメントを推奨しないクラブ」だと述べていた。

日本フットサル連盟は11日「本日、SNSにおいて匿名で投稿された当連盟に関する情報につきまして、お騒がせしており大変申し訳ございません」とし、「本件につきましては、現在調査中でございます」と発表した。17日には「この度、SNSにおいて匿名で投稿された当連盟に関する情報につきまして、コンプライアンス対応チームを設置することと致しました」と報告し、「専門性を有した外部有識者を含むメンバー構成」にするという。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー:参加する
ウィークリー:参加する
マンスリー:参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください