1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. スポーツ総合

大谷翔平が「韓国最高のエース」と初対決へ 地元メディア熱視線も...「日本は気にしてない雰囲気」

J-CASTニュース / 2022年5月26日 19時13分

写真

大谷翔平選手(編集部撮影)

大リーグ公式サイト「MLB.com」は2022年5月25日(日本時間26日)、エンゼルス大谷翔平投手(27)が26日(同27日)に本拠地で行われるブルージェイズ戦に先発することを発表した。ブルージェイズは韓国出身左腕・柳賢振投手(35)の先発が決定し、韓国メディアが日韓エースの初対決に注目している。

大谷を制圧すれば日本選手との「悪縁」断てる

複数の韓国メディアがこの日、次戦で大谷と柳が投げ合うことを速報で伝えた。地元メディア「聯合ニュース」(WEB版)は「大谷VS柳」の特集記事を組み、「日本人投手と打者に苦戦してきた柳が大谷相手に雪辱なるか」などのタイトルで記事を公開した。

記事によると、13年に韓国リーグからドジャースに移籍した柳は、大リーグの日本人投手と打者との相性が悪いという。日本人投手とはこれまで4度投げ合い白星はなく3敗を喫している。昨季はマリナーズの菊池雄星(現ブルージェイズ)と2度投げ合い、いずれも負け投手となっている。

日本人の打者とも相性が悪く、13年6月のヤンキース戦ではイチローが本塁打を含む3打数2安打を記録し、これまで日本人打者が11打数5安打(打率.455)2本塁打と柳を打ち込んでいる。

このような背景もあり、同メディアは昨季ア・リーグMVPの「投手・大谷」と「打者・大谷」を制圧すれば日本人投手と打者との過去の「悪縁」を断つことが出来るとしている。

一方で「朝鮮日報」(WEB版)は、韓国では「大谷VS柳」が注目されるが日本メディアの関心度は低いと指摘している。

「韓国ファンの立場では興味深い対戦だが...」

同メディアは、全盛期の柳はサイヤング賞投票で上位に入り大リーグの中でトップクラスの投手であったが、最近の内容は大谷の活躍と比較にならないため、日本のメディアは柳に注目していないと伝えた。

記事では日本メディアは26日のエンゼルス対ブルージェイズ戦について柳にはほとんど言及せず、大谷がゲレーロJrに代表されるブルージェイズの強力打線をどのように抑えるかに関心を示したとしている。

柳は06年に韓国リーグのハンファ・イーグルスに入団し7年間で通算98勝をマーク。08年北京五輪では韓国代表に選出され韓国の金メダル獲得に貢献した。13年にドジャースに移籍すると2連連続で14勝を記録し、19年には最優秀防御率のタイトルを獲得するなど韓国では英雄視されている。

韓国人最高のエースとメジャーリーグ最高のスーパースターがついに対戦することになったと伝えた朝鮮日報は、一方で「韓国ファンの立場では興味深い対戦だが日本は気にしてない雰囲気だ」と報じた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー:参加する
ウィークリー:参加する
マンスリー:参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください