人民元は適切な水準、通商摩擦が世界経済のリスク=中国人民銀総裁

ロイター / 2019年10月21日 7時19分

 10月19日、中国人民銀行の易綱総裁は、人民元相場は適切な水準にあると主張した。2017年撮影(2019年 ロイター/Thomas White)

[ワシントン 19日 ロイター] - 中国人民銀行(中央銀行)の易綱総裁は19日、人民元相場は適切な水準にあると主張した。また、通商摩擦の激化や政策の先行き不透明感は世界経済が直面している主なリスクだとの認識を示した。

総裁は、国際通貨基金(IMF)の運営方針を決める国際通貨金融委員会(IMFC)への声明で、中国や他の経済成長が著しい国の出資比率を高めるIMFの増資計画が失敗に終わったことに対し、中国は「深く失望している」と指摘した。

また、米国が8月に中国を為替操作国に認定したことに対して反論。8月上旬からの人民元高は、貿易摩擦の激化を受けたボラティリティ―の高まりなど、市場の動きにより引き起こされたと指摘。人民元相場が上下双方に変動することを市場は一段と受け入れるようになっていると説明し、「経済ファンダメンタルズと市場の需給双方から判断し、人民元相場は適切な水準にある」と主張した。

米財務省は8月5日、人民元が1ドル=7元の節目を割り込み人民元高が進んだことを受けて、中国を為替操作国に認定した。

また、トランプ政権が推し進める通商政策「アメリカファースト(第一主義)」を念頭に、「一部の国におけるポピュリズム(大衆迎合主義)と保護主義の台頭は、相互間の信頼を損ね、多国間で協力する意欲を低下させた」と批判した。

一方、トランプ大統領が10月11日に発表した米中間の「第1段階」の通商合意には言及しなかった。ただ、貿易摩擦が世界経済へ及ぼす影響への懸念を示し、「世界貿易や世界の産業の結びつき、サプライチェーン、バリューチェーンには混乱の兆しがみられる」とし、「貿易摩擦は市場の信頼感を冷え込ませ、それにより金融市場のボラティリティ―は一段と高まり、経済成長を圧迫する恐れがある」と強調した。

また、慎重な金融政策を継続し、質の高い経済成長を達成するために適切な金融環境を作り出すと表明した。人民銀のウェブサイトに声明が掲載された。

中国の経済成長は、下振れ圧力に直面しているものの、基本的に安定を維持していると指摘。人民元相場も安定しており、信用もしっかりとしたペースで拡大しているとの見方を示した。

声明によると、総裁は10月17─18日の20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議の開催中に今回の内容に言及した。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング