香港、マスクで大規模デモ 覆面禁止に抗議

ロイター / 2019年10月21日 7時44分

 10月20日、香港でデモ参加者のマスク着用を禁じる規則「覆面禁止法」などに抗議する大規模なデモが行われた(2019年 ロイター/Tyrone Siu)

[香港 20日 ロイター] - 香港で20日、デモ参加者のマスク着用を禁じる規則「覆面禁止法」などに抗議する大規模なデモが行われた。一部の参加者が過激な行動に出たことから、警官隊と激しく衝突した。ここ数週間、香港の抗議デモを巡る混乱は比較的落ち着いていたが、この日のデモには、若い世代の家族から中高年層も含めて多くの一般市民が参加した。

若者を中心とした一部のデモ参加者は、警官隊と衝突。九龍地区の目抜き通り・ネイザンロードにある銀行や中国関連の店舗が襲撃され、警官隊は催涙弾や放水車でデモ隊の排除を図った。

当局はこの日のデモを許可していなかったが、デモを企画した人権団体によると約35万人が参加した。

デモ参加者の多くは、マスクを着用してデモに参加した。マスクを付けた参加者の1人は「デモを実施する権利を香港の人々は、簡単にあきらめない。予想以上の参加者だ」と述べ、「多数で参加する限り、われわれは安全で戦いを継続できる」とコメントした。

6月に始まった民主化を求める抗議デモでは、これまで警官隊の発砲により2人が負傷。負傷者は全体で数千人に達している。また、2300人以上が拘束された。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング