1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 社会
  4. 社会

「宇宙マウス」無事誕生=ISS6年保管の精子から―山梨大など

時事通信 / 2021年6月12日 3時5分

 山梨大と宇宙航空研究開発機構(JAXA)などの研究チームは、フリーズドライ(真空凍結乾燥)にして国際宇宙ステーション(ISS)で約6年間保管したマウスの精子から、健康なマウスを多数誕生させることに成功した。宇宙では強い放射線にさらされるが、地上で同期間保管した精子と出産率などに違いは見られなかった。論文は12日、米科学誌サイエンス・アドバンシズ電子版に掲載された。 

[時事通信社]

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング