特別リポート:トランプ大統領が誇る米空母戦略の「落とし穴」

ロイター / 2017年3月21日 12時57分

<description role="descRole:caption"> 3月2日、トランプ米大統領は、国防支出の増額計画を自画自賛する演説の舞台として、建造に約1兆5000億円を費やした米海軍の最新鋭航空母艦「ジェラルド・R・フォード」の甲板を選んだ。写真は2015年9月、中国の軍事パレードで北京の天安門広場を対艦弾道ミサイル「東風─21D」を積んだ車両が通過。代表撮影(2017年 ロイター) </description>

Scot Paltrow

[ワシントン 9日 ロイター] - トランプ米大統領は2日、国防支出の増額計画を自画自賛する演説の舞台として、建造に130億ドル(約1兆5000億円)を費やした米海軍の最新鋭航空母艦「ジェラルド・R・フォード」の甲板を選んだ。

トランプ大統領は、史上最も高額な軍艦となる最新世代の「フォード級空母」が、今後も米軍事力の海外投入における主役だと述べた。

「近い将来、これをもっと増やしていく」。トランプ大統領は熱心に聞き入る海軍将兵らにそう語り、最新型の空母は非常に大型で堅牢に作られているため、どんな攻撃にも耐えると断言した。

トランプ大統領は、米国が実戦配備する空母の数を10隻から12隻に拡大すると語った。さらに、3艦の「超大型空母」の建造コストがこの10年間で270億ドルから360億ドルへと3分の1も膨らんだことについて、コスト引き下げを約束した。

軍当局者によれば「ジェラルド・R・フォード」1艦だけでも、予算を25億ドル超過し、就役は予定より3年遅れている。2艦目のフォード級空母「ジョン・F・ケネディ」も予定より5年遅れている。

トランプ大統領による拡張計画表明は、米国が巨費を投じた空母群の多くを撃滅できるような対艦兵器を仮想敵国が新たに建造しているとの証拠が増えているなかで行われた。また、空母が潜水艦に対して脆弱である点は、ここ数十年変わっていない。

2015年にフロリダ沖で行なわれた戦闘演習で、フランスの小型原子力潜水艦「サフィール」が、幾重もの防御網をすり抜け、米空母「セオドア・ルーズベルト」及び護衛艦艇の半数を「撃沈」した。他の海軍演習でも、ディーゼル電気推進の旧式潜水艦でさえ空母に勝利している。

1980年代初頭以来、現実の戦闘をシミュレートすることを意図した、いわゆる「フリープレー(無制限)」の軍事演習において、米国や英国の空母は少なくとも14回は撃沈している、と複数のシンクタンクや、各国海軍、メディア報道は指摘する。米海軍は演習の報告書を機密指定しているため、正確な合計は不明だ。

現在、空母を基盤として海軍戦略を構築している国は米国だけだ。米軍が展開している現役空母は10隻で、軍事的なライバルであるロシア及び中国が実戦配備しているのが各1隻ずつであるのに対して、10倍の規模となる。

ロイター

トピックスRSS

ランキング