EU当局者は冷静な反応、米のEU製品への追加関税発動

ロイター / 2019年10月21日 9時21分

10月18日、トランプ米政権は、欧州連合(EU)による航空機大手エアバス<AIR.PA>への補助金に対抗してEUからの輸入品最大75億ドルに対する追加関税を発動したが、EU当局者は冷静な反応を示している。写真は15日、ベルリンでインタビューに応じるショルツ独財務相(2019年 ロイター/Fabrizio Bensch)

[ワシントン 18日 ロイター] - トランプ米政権は18日、欧州連合(EU)による航空機大手エアバス への補助金に対抗してEUからの輸入品最大75億ドルに対する追加関税を発動したが、EU当局者は冷静な反応を示している。

ドイツのショルツ財務相は18日、国際通貨基金(IMF)と世界銀行の年次会合で記者団に対し、EU当局者は米国との間でより広範な通商合意をまとめ、欧州製乗用車に追加関税が課されるという壊滅的な状況を避けるため、集中的に作業を進めていると説明。事態をこれ以上悪化させない「確実かつ明快で決定的な」アプローチが好ましいとした。

欧州委員会のマルムストローム委員(通商)はブリュッセルでEU側の対応について、米国のボーイング への補助金を巡るEUから米国への報復関税の是非について、世界貿易機関(WTO)が来年初めに判断を下すのを待つ考えを示した。

EU側は当初、米国の追加関税に対して即座に報復関税を導入する可能性を示唆していたが、そうした動きは見られない。

イタリアのコンテ首相も18日、EUが米国の追加関税発動で打撃を受ける分野を支援し、被害を抑える措置の策定を進めていると述べた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング