インドネシア中銀、予想通り金利据え置き 景気支援は継続

ロイター / 2021年1月21日 19時44分

[ジャカルタ 21日 ロイター] - インドネシア中央銀行は21日、今年最初の金融政策決定会合で、市場の予想通り政策金利を据え置いた。今年の成長率予想を維持する一方で、今後も景気支援を続ける考えを強調した。

7日物リバースレポ金利は3.75%で、2016年に政策金利とされて以来最低の水準。ロイター調査では、アナリストの大半が据え置きを予想していた。

翌日物預金ファシリティー金利(FASBI)は3.00%、貸出ファシリティー金利は4.50%にそれぞれ維持した。

ペリー総裁はオンライン会見で、12月と1月に新型コロナウイルスの感染が増加し経済活動に一定の影響を及ぼしているとしながらも、中銀は引き続き今年の成長率を4.8─5.8%と予想していると述べた。「われわれはワクチン接種(の進展)、世界の状況、財政拡大、設備投資、投資の伸びに基づいて(見通しを)再評価する」と説明し「今後も景気回復を支えるためあらゆる政策措置を講じる」と述べた。

インドネシアは昨年、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、過去20年余りで初めてリセッション(景気後退)に陥った。

中銀は昨年合わせて125ベーシスポイント(bp)の利下げを実施、金融システムに約500億ドルの流動性を供給し、貸出基準も緩和した。

ただ国内の感染者と死者数は過去最多の水準で、通常の経済活動レベルに戻るには時間がかかると懸念されている。インドネシアの感染者数と死者数は東南アジアで最多。

ペリー総裁は活動制限により個人消費の回復ペースは予想よりも遅いが、今年は輸出の伸びと財政刺激策に支えられて景気回復が続くとの見通しを示した。

マンディリ銀行のエコノミストは、今年は金利は据え置かれると予想。「今年利上げする余地はほとんどなく、利下げ余地も少ない傾向にある」と述べた。

一方ダナモン銀行のエコノミストは来月公表される2020年の国内総生産(GDP)伸び率が中銀の予想を下回れば、同月中に利下げが行われる可能性が「十分ある」と指摘した。

ロイター調査では、年内の金融緩和見通しでアナリスト15人のうち8人が利下げは21年第1・四半期と予想している。

キャピタル・エコノミクスのアジア担当シニアエコノミスト、ギャレス・レザー氏は社会的距離の確保が今年のほとんどの期間で経済に重しとなるとの見方を示した。「これが緩和サイクルの終わりを示しているとは思えない」とし「将来の利下げのタイミングは為替相場次第だ」と語った。

ペリー総裁は通貨ルピアが「基本的に過小評価されている」と述べ、対ドルで上昇の余地があるとの認識を示した。米バイデン政権下での財政支出と米連邦準備理事会(FRB)の金融緩和を背景に新興市場への資金流入が増加すると予想した。

インドネシア中銀の予想によると、今年の資本流入は191憶ドルと昨年の110憶ドルから拡大する見込みと述べた。

*内容を追加しました。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング