1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. 経済

米FTC、ツイッターのプライバシー慣行で調査強化中=米通信社

ロイター / 2022年12月21日 13時11分

 米連邦取引委員会(FTC)は米ツイッター社に対し、プライバシーとデータの安全確保の慣行について調査を強化している。2011年にFTCと同意した関連の順守協定を巡り、この約1か月の間にツイッターの元幹部2人に事情を聞いたという。ブルームバーグ通信が12月20日、消息筋の話として伝えた。11月9日撮影(2022年 ロイター/Brendan McDermid)

[20日 ロイター] - 米連邦取引委員会(FTC)は米ツイッター社に対し、プライバシーとデータの安全確保の慣行について調査を強化している。2011年にFTCと同意した関連の順守協定を巡り、この約1か月の間にツイッターの元幹部2人に事情を聞いたという。ブルームバーグ通信が20日、消息筋の話として伝えた。

ある消息筋も先週ロイターに対し、FTCがツイッターに現在も11年の同意協定順守に必要な資源があるのかを同社に問い合わせていると語っていた。

ツイッターは今年5月にもプライバシー情報を悪用した疑いを巡って1億5000万ドルの制裁金支払いで和解に合意。当時もコンプラインス慣行の改善に同意していた。しかし米富豪イーロン・マスク氏が10月にツイッターを買収した後、大量の解雇が続いていることで、同社がこうした和解条件を守れないのではないかとの懸念が大きく持ち上がっている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください