1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. 経済

ドル上昇、ユーロはECB理事会受け下落=NY市場

ロイター / 2021年4月23日 6時5分

ニューヨーク外為市場では、欧州中央銀行(ECB)がユーロ圏は現行の景気支援策が必要との見解を示す中、プラスの経済ニュースに反応し、ドルが主要通貨に対し上昇した。写真は2014年11月撮影(2021年 ロイター/Gary Cameron)

[ニューヨーク 22日 ロイター] - ニューヨーク外為市場では、欧州中央銀行(ECB)がユーロ圏は現行の景気支援策が必要との見解を示す中、プラスの経済ニュースに反応し、ドルが主要通貨に対し上昇した。

午後に入り、複数の関係筋の話として、バイデン米大統領が所得が100万ドルを超える富裕層に対するキャピタルゲイン課税の税率を39.6%と、現行の2倍近くに引き上げることを提案すると伝わったことも、リスクオフのドル買いにつながった。

終盤の取引で主要6通貨に対するドル指数は0.2%高の91.303。ユーロは0.2%安の1.201ドル。

ECBはこの日の定例理事会で、大規模な量的緩和の維持を決定すると同時に、政策金利も現行水準に据え置くことを決定。ラガルド総裁はパンデミック緊急購入プログラム(PEPP)の段階的な縮小について「時期尚早」とし、議論していないと表明した。

アクション・エコノミクス(フロリダ州)のマネジング・ディレクター、ロナルド・シンプソン氏は「欧州の新型コロナウイルス感染状況が改善するまで、ユーロの上値は限定される」と指摘。バイデン大統領の税率引き上げ案については、実現に向けて進み、米株が売られる事態になれば、ドルの阻害要因になると述べた。

エクスチェンジ・バンク・オブ・カナダの外為戦略部門責任者、エリック・ブレガー氏はバイデン氏の税率引き上げ案について、伝わった直後の影響は「それほど深刻なものではなかった」とし、「ECB理事会後の相場展開が続いた」としている。

米労働省が朝方発表した4月17日までの1週間の新規失業保険申請件数(季節調整済み)は54万7000件と、前週の58万6000件から改善し、昨年3月中旬以来約1年ぶりの低水準となった。

次の焦点は連邦準備理事会(FRB)が27─28日に開く連邦公開市場委員会(FOMC)。超緩和的な金融政策の将来的な変更をFRBがどのように見ているのか、手掛かりを探ろうと注目されている。

暗号資産(仮想通貨)のイーサリアムは一時10%高。一方、ビットコインは約2%安の5万2800ドル。

ドル/円 NY終値 107.96/107.97

始値 108.02

高値 108.23

安値 107.95

ユーロ/ドル NY終値 1.2015/1.2017

始値 1.2050

高値 1.2069

安値 1.1994

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング