1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. 経済

政府、2022年度予算案を閣議決定 歳出総額107兆5964億円

ロイター / 2021年12月24日 10時36分

 12月24日、政府は総額107兆5964億円の2022年度一般会計予算案を閣議決定した。社会保障費や防衛費が膨らみ、10年連続で過去最大を更新する。財政投融資計画も決定し、岸田文雄首相が掲げる科学技術立国の実現や経済安全保障の推進を後押しする施策を盛り込んだ。写真は都内で1月撮影(2021年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[東京 24日 ロイター] - 政府は24日、総額107兆5964億円の2022年度一般会計予算案を閣議決定した。社会保障費や防衛費が膨らみ、10年連続で過去最大を更新する。財政投融資計画も決定し、岸田文雄首相が掲げる科学技術立国の実現や経済安全保障の推進を後押しする施策を盛り込んだ。

歳出の大枠は、1)一般歳出67兆3746億円、2)地方交付税交付金15兆8825億円、3)国債費24兆3393億円。前年当初との比較では9867億円の増額となった。

一般歳出のうち、予算の3分の1を占める社会保障費は36兆2735億円で、高齢化に伴う増加分(4393億円)の伸びに抑えた。地方特例交付金は2267億円とした。一方、次期戦闘機の開発費などを盛り込み防衛費を5兆3687億円に増やした。前年当初から542億円増額し、過去最大となる。

新型コロナウイルスの対策予備費も21年度に続いて5兆円計上し、不測の事態に備える。

歳入は、税収を65兆2350億円程度と見込んだ。21年度当初(57兆4480億円)からは7兆7870億円増える想定で、過去最高だった20年度決算額も大幅に上回る。税外収入も5兆4354億円計上した。

不足財源を補う新規国債発行額は36兆9260億円とした。新規国債の内訳は建設国債6兆2510億円、赤字国債30兆6750億円。公債依存度は34.3%に低下する。

<財投計画は半減>

22年度財政投融資計画額は18兆8855億円とし、企業の資金繰り支援などを積み上げた21年度当初の40兆9056億円からは半減するが、引き続き高水準を維持し、デジタル田園都市国家構想や経済安全保障の推進などに投融資する。

年度内にも運用を開始する大学ファンドには4兆8889億円を投じる。

22年度財政投融資計画のうち財政融資は16兆4488億円、産業投資は3262億円、政府保証は2兆1105億円。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください