日米首脳、北朝鮮ミサイル発射巡り見解相違

ロイター / 2019年8月25日 21時43分

トランプ米大統領と安倍晋三首相は25日、主要7カ国首脳会議(G7サミット)が開催されているフランス南西部のビアリッツで会談した。(2019. REUTERS/Carlos Barria)

[ビアリッツ(フランス) 25日 ロイター] - トランプ米大統領と安倍晋三首相は25日、主要7カ国首脳会議(G7サミット)が開催されているフランス南西部のビアリッツで会談、北朝鮮による一連のミサイル発射については、日米が引き続き連携して対応する方針を維持したものの、安倍首相が国連決議違反だと指摘したのに対し、トランプ大統領は米朝首脳間の合意違反ではないと述べるなど、見解の相違がみられた。

北朝鮮は24日、短距離弾道ミサイルとみられる飛翔体2発を発射した。北朝鮮によるミサイル発射は、米朝首脳が南北軍事境界線で会談した6月30日以降、7回目。また、韓国が日本との軍事情報包括保護協定(GSOMIA)破棄を決めた直後のタイミングとなった。

北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長との関係を尊重するトランプ大統領は、会談の冒頭、短距離ミサイル発射は合意違反でなく、他の国もやっていると語った。

「委員長は核実験はしていない。やっているのは、ずっと標準的な短距離ミサイル(の発射実験)だ。短距離ミサイルの発射実験は、多くの人々が行っている」と指摘。

北朝鮮によるミサイル発射を懸念しているかとの質問に対し「気に入らないが、かれは合意に違反していない」と述べた。

安倍首相は、北朝鮮によるミサイル発射は、国連安全保障理事会の決議違反と指摘。

北朝鮮問題で、トランプ大統領が自身の立ち位置に近づいてくれることを望むかとの質問に対し、安倍首相は、北朝鮮については、常にトランプ大統領と共通の理解を持ち続けることになるとの認識を示した。

その上で、米朝の対話を支持していると述べた。

*発言を追加しました。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング