1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 国際
  4. 国際総合

緊急事態要請「総合的に検討」、病床使用率が目安かとの問いに都知事

ロイター / 2022年1月27日 15時34分

 1月27日、小池百合子都知事(写真)は記者会見で、これまで緊急事態宣言要請を検討する目安としていた病床使用率が50%に達したら速やかに要請するかと問われ、「緊急事態に関しては、専門家と意見を交換しながら、全体的な医療提供体制や社会活動への影響など確認しながら総合的に検討したい」と述べた。2020年11月、都内で撮影(2022年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[東京 27日 ロイター] - 小池百合子都知事は27日の記者会見で、これまで緊急事態宣言要請を検討する目安としていた病床使用率が50%に達したら速やかに要請するかと問われ、「緊急事態に関しては、専門家と意見を交換しながら、全体的な医療提供体制や社会活動への影響など確認しながら総合的に検討したい」と述べた。

東京都によると、26日時点の病床使用率は42.8%となっている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください