1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 国際
  4. 国際総合

米、オミクロン株対応へ用意 都市封鎖の再導入ないと大統領

ロイター / 2021年11月30日 5時28分

バイデン米大統領は29日、米国は新型コロナウイルスの新変異株「オミクロン株」への対応で十分な用意を整えているとし、必要に応じてワクチン開発を加速すると確約した。2日撮影(2021年 ロイター/Yves Herman)

[ワシントン 29日 ロイター] - バイデン米大統領は29日、米国は新型コロナウイルスの新変異株「オミクロン株」への対応で十分な用意を整えているとし、必要に応じてワクチン開発を加速すると確約した。

バイデン大統領はホワイトハウスの新型コロナ対策チームとの会合後「いずれは米国でもこの変異株の感染が確認されるだろう」とし、「この変異株は懸念すべきものだが、パニックを起こすべきものではない」と述べた。

さらに「この変異株を克服する」とした上で、オミクロン株の感染拡大阻止に向け、ロックダウン(都市封鎖)を再導入することはないと言明した。

現時点で、保健当局者は既存のワクチンが引き続き重症化の予防で有効と確信しているとしつつも、「オミクロン株への対応でワクチンの改良や追加接種が必要となれば、全ての利用可能な手段を駆使し、開発を加速させる」とし、ホワイトハウスが新型コロナワクチンを製造するファイザー、モデルナ、ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)と対応策を策定していると明らかにした。

さらに必要に応じ、米食品医薬品局(FDA)や米疾病対策センター(CDC)に対し、安全性をおろそかにすることなく、迅速なワクチン承認を実現するよう指示する構えを示した。

米国では29日、アフリカ南部諸国からの渡航者に対する入国制限が発効。バイデン氏は、より多くの人がワクチンの接種を受ける時間を確保するために渡航制限を導入したと説明。その上で、国民に対し屋内や公的な場でマスクを着用するよう呼び掛けた。

世界保健機関(WHO)はこの日、オミクロン株が一部地域で感染者が急増し「深刻な結果」をもたらす可能性があり、グローバルなリスクが「非常に高い」との認識を示した。

ホワイトハウスのサキ報道官は、オミクロン株を巡る状況を引き続き見極めるとしつつも、バイデン大統領の当面の旅程に変更はないとした。さらに、原油相場がオミクロン株の出現を受け下落したものの、戦略石油備蓄放出計画の見直しはないと明らかにした。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください