1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. 経済

中国恒大の株価乱高下、ドル建て債利払いが再び遅延の恐れ

ロイター / 2021年9月30日 13時49分

 9月30日、香港株式市場で、経営危機に陥っている中国の不動産大手、中国恒大集団が乱高下している。写真は上海で22日撮影(2021年 ロイター/Aly Song)

[香港/上海 30日 ロイター] - 30日の香港株式市場で、経営危機に陥っている中国の不動産大手、中国恒大集団が乱高下している。米国時間29日の期日までにドル建て社債の利払いが実施されないのが確実となっており、先週に続く遅延となる。来月には追加で1億8000万ドルの利払い期限が控える。

株価は高く寄り付き、一時5.21%上昇したが、その後下げに転じて7.17%まで下げ幅を拡大した。恒大グループの不動産管理会社、恒大物業集団は4.2%下げた後、下げ幅を0.6%まで縮めた。電気自動車(EV)部門の中国恒大新能源汽車集団は19.4%急落。直近は8.6%安となっている。

29日は2024年3月償還のドル建て社債(表面利率9.5%)に対する4750万ドルの利払いの期日だった。オフショア市場の同社債の保有者は匿名を条件に、アジア時間30日午前時点で、恒大から何の情報もないと明かした。米国時間でも期限は迫っている。

BCAリサーチの中国担当チーフストラテジスト、ジン・シマ氏は調査ノートで「債務がどのように再編されたとしても、恒大の株やオフショアドル建て社債の保有者は大規模な損失を被ることになる」と指摘した。

同社は先週23日が期限だった8350万ドルの利払いも実行していない。

23日と29日が期日の利払いはどちらも、30日間の猶予期間が設けられている。

恒大はさらに、10月30日までにオフショア市場で1億6238万ドルの利払いと人民元建て債に対する1億2180万元(1884万ドル)の利払いの期日を迎えることになる。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング