1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 国際
  4. 国際総合

中国、セキュリティー法上のデータ分類を定義 草案公表

ロイター / 2021年9月30日 20時11分

中国政府は30日、今月1日に施行したデータ安全法(データセキュリティー法)について、「中核データ」「重要データ」などの定義を定めた草案を公表した。北京の地下鉄で昨年12月撮影。(2021年 ロイター/Tingshu Wang)

[北京 30日 ロイター] - 中国政府は30日、今月1日に施行したデータ安全法(データセキュリティー法)について、「中核データ」「重要データ」などの定義を定めた草案を公表した。

同法は、国内のすべての企業に対し、取り扱うデータを複数のカテゴリーに分類することを義務付け、データの保存・移転方法を定めている。

ただ、法律の専門家の間では、データの定義が明記されていないといった批判が出ていた。

今回の草案では「普通データ」「重要データ」「中核データ」の定義を明記。

普通データは、社会全般に及ぼし得る影響が最低限か、少数の個人・企業にしか影響しないデータ。

重要データは、中国の国家・経済上の利益にとって脅威となるデータ、もしくは個人・組織の権利に影響を及ぼすデータで、さまざまな産業・企業に「明らかなカスケード効果」を及ぼすものと定義された。

中核データは、中国の国家・経済上の利益にとって「深刻な脅威」となるデータ。

中核データと重要データの国境を越える移転については、許可を受ける必要がある。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング