ベルギーで尋問の男、シャンゼリゼ銃撃とは無関係 検察当局

AFPBB News / 2017年4月22日 2時45分

フランスの首都パリで、銃撃事件が起きたシャンゼリゼ通りの建物の玄関窓にある弾痕(2017年4月21日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

【AFP=時事】(更新)フランスの首都パリ(Paris)中心部のシャンゼリゼ(Champs Elysees)通りで起きた銃撃事件の後、ベルギー当局が尋問していた男(35)について、同国の検察当局は21日、パリの銃撃事件とは無関係だったことを明らかにした。

 フランスの関係筋によると、ベルギー警察が麻薬関連事件の捜査の一環としてアントワープ(Antwerp)にある男の自宅を家宅捜索したところ、武器や目出し帽に加え、パリ銃撃事件が起きた20日の朝に出発するフランス行き列車の乗車券を発見した。

 ベルギーの検察当局関係者がAFPに語ったところによると、家宅捜索時に男が自宅におらず、所有するコンピューターからパリ行きの列車についての検索履歴が残っていたことから、捜査当局は仏当局に男の情報を通達。

 ソーシャルメディア上で男の名前が広まった後、男はアントワープの警察署に出頭した。だが検察当局によると、男にはパリでの事件当時、職場にいたとのアリバイがあった。

 フランスでは20日夜の事件後、パリ東部郊外で行われた夜間の捜索の結果、銃撃犯であるフランス人の男(39)の知人3人が拘束され、司法筋によると、警察の対テロ捜査班の尋問を受けているという。

 イスラム過激派組織「イスラム国(IS)」が犯行声明を出したシャンゼリゼの銃撃では、イスラム過激派として当局の監視対象だった銃撃犯が警官1人を殺害し、2人を負傷させた後、射殺されている。

 フランスでは23日に大統領選の第1回投票を控えているが、2015年以降起きているイスラム過激派による一連の事件を受け、治安が大きな懸念事項となっている。
【翻訳編集】AFPBB News

AFPBB News

トピックスRSS

ランキング