FBに対し集団訴訟認める判断 顔認証ツールめぐり米連邦地裁

AFPBB News / 2018年4月17日 18時24分

交流サイト大手である米フェイスブックのロゴ(2017年11月20日撮影、資料写真)。(c)AFP=時事/AFPBB News

【AFP=時事】米カリフォルニア州の連邦地裁は16日、交流サイト(SNS)大手の米フェイスブック(Facebook)がユーザーの明確な同意がないまま、写真の顔認識ツールを通じて個人のプライバシーを侵害したとの訴えをめぐり、集団訴訟を認める判断を下した。

 2010年から利用が開始された顔認証ツールは、ユーザーがアップロードした写真から個人の名前を特定し提案する機能を持つ。原告側は、生体情報の保護に関するイリノイ州法に違反すると主張している。

 ジェームズ・ドナート(James Donato)判事は、イリノイ州の住民らの訴えが、集団訴訟により公正かつ効果的な解決につながり得ると判断。「従って、イリノイ州在住の利用者のうち、2011年6月7日以降にフェイスブックが顔画像のテンプレートを作成・保存していた人々によって、本件が進められていくことになる」と述べた。

 フェイスブックの広報担当者はAFPに対し、この決定を精査していると述べ、「訴訟には意味がない。積極的にわれわれの主張を展開していくつもりだ」と付け加えた。
【翻訳編集】AFPBB News

AFPBB News

トピックスRSS

ランキング