シリア毒ガス疑惑、OPCW調査団が現地入り 国営メディア報道

AFPBB News / 2018年4月17日 22時13分

シリア首都ダマスカス近郊東グータのドゥーマで、化学兵器によるものと疑われる攻撃後に手当てを受ける子どもたち。市民ボランティア組織「シリア民間防衛隊」提供の動画より(2018年4月8日撮影、資料写真)。(c)AFP=時事/AFPBB News

【AFP=時事】シリアの首都ダマスカス近郊の東グータ(Eastern Ghouta)地区ドゥーマ(Douma)で毒ガス攻撃が行われたとされる問題で、シリア国営メディアは17日、化学兵器禁止機関(OPCW)の調査団が現地に入ったと報じた。

 国営シリア・アラブ通信(SANA)は「化学兵器に関する委員会の専門家らがドゥーマ入りした」と伝えた。
【翻訳編集】AFPBB News

AFPBB News

トピックスRSS

ランキング