ネズミの陰茎、雄だけの環境で育つと太くなる 豪研究

AFPBB News / 2018年7月13日 14時12分

研究所で飼育されているネズミ(2006年11月2日撮影、資料写真)。(c)AFP=時事/AFPBB News

【AFP=時事】雄だけの環境で育ったネズミの陰茎は、雌と一緒に育った場合よりも太くなるとの研究結果を、西オーストラリア大学(University of Western Australia)のチームが発表した。

 英国王立協会紀要(Proceedings of the Royal Society)に今週掲載された論文によると、正確な理由はまだ不明だが、交尾をめぐる雄間の競争が、雌に囲まれて育った雄とは異なる形状に性器が発達する理由ではないかと研究チームは考えている。

 ヒトと違ってネズミの陰茎には「陰茎骨」という骨がある。

 研究ではイエネズミの雄を2つのグループに分け、対照実験を行った。一方のグループは別の成長期の雄ネズミの集団2つと近接した環境で飼育し、もう一方は雌ばかりに囲まれた環境下で飼育。成熟期に達した雄ネズミの陰茎を観察して形状と大きさを比較した。

 論文を共同執筆したゴンサロ・アンドレ(Goncalo Andre)氏によると、雄の中で育ったネズミは「より太い陰茎骨を有していた」という。研究チームはあくまで仮説だとした上で、雌が交尾の相手を求めるときにより強い興奮を与えてくれる雄を選ぶためではないかとの見方を示している。

 ちなみに「今回観察した部位はヒトには存在しないため、この研究結果をヒトに当てはめることはできない」とアンドレ氏は指摘している。
【翻訳編集】AFPBB News

AFPBB News

トピックスRSS

ランキング