ノルウェー、重度の薬物依存症患者に無料でヘロインを処方へ

AFPBB News / 2018年8月10日 22時13分

麻薬を入れる袋と一緒に置かれた注射器とスプーン(2017年4月10日撮影、資料写真)。(c)AFP=時事/AFPBB News

【AFP=時事】ノルウェー政府は10日、重度の薬物依存症患者に対する生活改善策として、試験的に無料でヘロインを処方すると発表した。同国は欧州において薬物の過剰摂取による死亡率が高い国の一つ。

 保険当局はこの措置によって効果がありそうな患者の選定、実施方法の調査、費用の算出を進めているという。

 ベント・ホイエ(Bente Hoie)保健相はフェイスブック(Facebook)に「今回の措置は現在われわれの手が届かない患者や、現行のプログラムの支援が不十分な患者に対し、質の高い生活を与える解決策を提供するものと願っている」と投稿した。

 欧州薬物・薬物依存監視センター(EMCDDA)によると、ノルウェーは薬物の過剰摂取による死亡率が欧州でエストニア、スウェーデンに次いで高い。

 重度の薬物依存症患者へのヘロイン処方は、試験的なものも含めスイスやオランダ、デンマークで実施されたことがあるが、その都度物議を醸している。しかし支持派はこの対処法が患者の生活の質を向上させ、過剰摂取による死亡率を低下させるほか、犯罪の発生件数や対策費用を抑えることができると主張している。
【翻訳編集】AFPBB News

AFPBB News

トピックスRSS

ランキング